ファミリー

  1. Home
  2. ファミリー
  3. 別れが近い
2020.02.23

別れが近い

息子のサッカー説明会がありました。コロナウィルスの影響で開始時間が早まったのと、全員マスク着用必須ということで前日にコーチからも連絡が入ったぐらいです。

私はクラス後だったので30分早まった集合時間に遅れ気味でしたが、手続きしながら背番号を決めるくじ引きの紙を息子が引くと【6】という数字。受付の女性が
『あ!ラッキー♪ いい番号出たね^^』
と言われた意味は???でしたが、自分の好きな背番号をくじで引いた番号順に決めていくというスタイルでした。

息子は中学校時代で慣れ親しんだ【11】をゲット!ラッキー【7】の背番号はくじ引き【1】を引いた子が一番にとったそう。それでも11番をゲットできて息子は大喜び。

ルーキーチーム(新高1)は7月いっぱいで解散してAチーム(レギュラー)Bチーム(準レギュラー)Cチーム(補欠)という体制になるとのこと。実力があればルーキーチームのうちからAチームへ引き上げていくらしい。もうライバルたちとの戦いが始まるのですよね。ドキドキ☆彡

2時間ほどで各種説明が終わり、寮に入る子だけ残って説明をするということだったのですが我が家は寮を希望してはいるけれど最終決定の返事がないので人数オーバーで入れなかったのかな?と思っていたら監督から

『菅野さんのところはお母さんの了承をもらった上で寮が決定していますよ。』
『えーーーーーーーーーーッ!!』
ただの意思確認だと勘違いしていただけだったのです。

寮の見学もしないで決めているのは我が家だけ。いや~いきなり寮が決まってたじろいでる私・・・・。いざ息子が寮に入ることが決まると心境も複雑。

寂しい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)

何度も息子に
『本当に寮でも大丈夫なの?今日も一人説明会聞いて寮に入るのかどうか決めるって人いたよ。』
と言ってみたものの、息子も
『急に決まって一瞬これでいいのかなって思ったけど頑張ってみる』
ですって。

『今までみたいに2週間に1回へアカットもできないけど大丈夫?!。』
『ソックスの穴あいたら自分で縫うんだよ。縫える?!』
『ボタン取れたものをつけることできる?!』etc・・・

意外に子離れできていないのは私だと気づく(笑)

私『1ヶ月に1回は帰って来たら?』
息子『考えとく』
私『じゃ、ママとパパが寮に遊びに行ってもいい??』
息子『絶対嫌だ。来ないでね』
私『差し入れいっぱい持っていく。みんなの分も美味しいのお土産持っていくから』
息子『寮の玄関においておいてくれたらいいよ。中には絶対に入ってこないでね。』

こんな会話が電車の中で繰り返されました。

小学校の時から『早く手が離れて一人立ちしてほしいな~』なんて思いながら子育てしていましたが、いざ家を出ると決まってしまうと抵抗が出ますね。

最初 群馬県の桐生第一高校に行こうとしていたのですが、実際にオープンスクールに行ってみてあまりの田舎に私の方が心配になって『家から通えるところでもいいんじゃないの?!』と説得していたことが何だか懐かしい。

とにかくあとわずかの息子のお世話ですが、彼の成長をそっと見守っていきたいと思います。

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー