美意識

  1. Home
  2. 美意識
  3. 手抜きはNG
2022.05.09

手抜きはNG

昨日のainaHAIRには、私の美容師時代からの顧客F様が来店されていたのですが、彼女はJALのCAさん。出向でコロナ禍では丸の内OLになり、その生活を満喫していたのですが会社からCAに戻ってくるように言われて4月から国内線に搭乗しているそうです。

『ちょうどアメリカビザが切れてしまって、今国際線に乗れないから最悪・・・』
と、いうのも国内線はたいてい日帰りなのだとか。飛行機は特に気圧が関係してくるので、常務すると身体の疲労度は相当のようです。

OL生活の時は、会社へ出勤することで綺麗に髪を巻いて華やかなスーツを着ていたのでテンション上がっていたけれど、CAに戻ってからヘアは夜会巻きが基本なのでまとめ髪を前提に日々を過ごしているそう。

すっかり仕事のない日もロングの髪を一つに縛って終わりという手抜きスタイルになっていることを嘆いていました。

オシャレをすることを楽しんでいないと、特にヘアは面倒だと思いがち。私は汗をかくようなトレーニング前でも必ずカラーで巻いている話をしたら、
『そうなんだ~!やっぱりやらないと意識が下がるよね・・・』

私の場合は、巻くとトレーニング中のお団子アップスタイルが作りやすいのと、トレーニング後に髪をほどいた時に巻き髪がまたゴージャスな動きが出て気に入っているのです。

そしてF様から
『カラーリングしている人の髪が切れ毛や枝毛だらけの人がダウンスタイルで平気で歩いているのが汚らしくて気になる。』
と言っていて、私もつい他人のヘアのコンディションなど後ろから見てしまいます。

後ろのヘアコンディションは本人が気づかないので、痛んでいてもそのままの人が多い。美容師さんにお任せの人がいたとしても、その担当が美髪にこだわっていなければ、痛みをスタイリング剤などでごまかして終わらせるということもあります。

家の近所に美容院があって入口で担当者が『ありがとうございました~』と見送られて歩いている若い女性が駅の方へ向かったのでちょうど私の前を歩いていました。

美容院帰りと思えないほど髪がパサパサで艶がなく、カラーリングも色ムラがあってびっくりしたことがあります。

スタイリングされているので本人は正面から見た仕上がりに満足しているかもしれませんが、同業なのでつい『その程度でいいの?!』って声をかけたくなるのをグッと我慢しています。

これも価値観ですけどね。私はやはりワンランク上をいつも狙って、全身綺麗に整えて進化していきたいと改めて思います。

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー