SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. あるある、その人間関係
2022.09.28

あるある、その人間関係

午前中からプラベートクラスが2クラスありました☆彡先々週できていなかったことにフォーカスして先週は意識されていて、
『いつもミア先生が隣にいることを想像して生活したら、上手くいきました!』

例えば、手首にダイエットマーク(自分で注意を引き付けるマーク)を入れて意識している生徒さんもいます。つい自分に甘くなると自覚している時は、対策法を考えて実行してみるのもいいですよね。

そして午後のクラスの生徒さんと雑談をしていた中で、職場のスタッフの話が出ました。一緒に働いている女性は40代らしいのですが、上司に対する態度と周りのスタッフに対する態度が全然違うそう。

機嫌が悪いと、自分も職場で無視されることもしばしば・・・一応上司に気になることがあった時は伝えているそうなのですが、全然改善される見込みがないのだそう。

仕事に支障があるわけではなく、その彼女の態度が不快なだけで自分だけ距離をおいてもいいけれど、狭い職場の中でそんな女性の態度は、気にしないようにしていても目に入ってしまい気分が悪いとか。

職場の人間関係にはよくある話ですよね。その40代の女性に対して、こちらからコミュニケーションをとろうと頑張ると、自分の方が疲れてしまう。

私も昔の職場で経験あります。無視されるということはなかったですが、出来るだけ私に近づかないようにしているのが感じ取れるような態度のアシスタントがいましたから。

ただその職場ではアシスタントが多かったので、その子に仕事を頼まなくても違うスタッフで充分足りていたので、よほどのことがない限り私のお客様を任せることはありませんでした。

今日の生徒さんに伝えたのは、態度で気になったらその場で指摘すること。もちろん言い方伝え方は充分配慮しなければ、攻撃的になり関係がこじれることになりかねないので、気をつけなければいけません。

意外と吐き出してスッキリ・・・とはいかないことも自覚するように伝えました。言いたいことを言っても相手に伝わらなければ全くスッキリしないのです。

だけど言わない選択をしたときの方が心のダメージが大きい。吐き出しても自分に対してのダメージがあることを自覚しつつ、心のダメージを回復できるようにだけ配慮したらいいと思いますね。

つい相手のことを考えてしまいがちなので、言い放ったらそこから自らの心のケアに集中です。そして自身の態度は特に意識せずにいつもどおりでいることが大事。

自分の波長をその女性と同じレベルでいてはいけませんからね。一生彼女と同じ職場で働くわけではないはずなので、自分にとって縁のない人で今だけ関わっている人だ、と割り切ることです。

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ