運動

  1. Home
  2. 運動
  3. ちょうどいいバランス
2022.10.04

ちょうどいいバランス

午前中にスタジオトレーニングへ行って来たのですが、いつもよりハードなトレーニングにクタクタ・・・そんな姿を見たkouseiさんからは、
『やり過ぎじゃないの!?』
とまた言われてしまった・・・。

筋トレの面白さは、やってもやっても筋力がついたところからまた自然と負荷がかかって、さらに今まで鍛えられなかったところが鍛えられて疲労が溜まる、という仕組み。どこまでも完成がないので、気が済むまでやり続けることになるのだと思います。

全身鍛えられたところをトレーニングの時のように常に動かして生活していたら違うのですが、それは不可能なこと。仕上がった筋力が日常生活の中で姿勢だったり、使い方には大きく影響するのでそこに価値を感じます。

私の場合、歩きやすくなったことを実感。普通に歩けるではなく、頭で思い描いているように歩ける・・・というところがポイント。

ウォーキングレッスンをやってもらっていても、犬の散歩で街を歩きながらウインドウにうつる自分の姿を見ると思っているイメージと全然違う。習った分、それ以前よりは良くなっていたのですが、まだまだ改善の余地ありという感じでした。

柔軟性と筋肉の関係にフォーカスして鍛えたことによって、理想に近い状態にようやくなってきていて、あと少し。

今日のトレーニング後に最近よく見かける体が柔らかい女性がいたので、
『ダンスやっているんですか?体が柔らかくてうらやましいです^^』
と声をかけてみると、

『実は体が無駄に柔らかすぎて怪我のリスクが大きいんです・・・。昔そのせいで肋骨を骨折してからピラティスを10年以上やっているんですけど、柔らかすぎてポーズをとっても”やり過ぎ”と先生に指摘されてよく直されるんですよね(苦笑)。』

今通っているスタジオのインストラクターよりも柔軟性があり、先日も
『凄いものを見せてもらった♪』
と初めて彼女の柔軟な身体のポーズを見たインストラクターが喜ぶほどでした。

柔らかすぎても怪我しやすいし、硬いと思ったように動かない。中間のちょうどいいバランスを目指した方が良さそうです。

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ