美意識

  1. Home
  2. 美意識
  3. 自分へのこだわり
2022.11.07

自分へのこだわり

午前中から移動の多い一日。午後クラスの前に新宿三丁目での仕事の打ち合わせがあり、午後クラスが終わった後に銀座へ移動してサロンミーティングに参加。

外出時のバッグは小さいものが流行っているせいで、コスメもマイクロタイプが主流になりつつあるとか。確かに、私も以前は大き目のバッグをよく使っていましたが、今はトート型の小さめのバッグで必要最低限しか持ち歩かなくなりました。

メイク直しをしなくなったことでコスメポーチが必要なくなったのと、愛用している長財布と水&携帯さえ入ればOKといった感じ。

マスク生活のおかげで、朝メイクをした状態をいかに一日保てるかが重要になりました。マスクをすると汗をかくので、素肌を生かすようになっているし、マスクを取ってもリップに色が残るように工夫もしています。

スタジオトレーンングに行くと、ノーメイクでマスクをして運動し、シャワーの後にメイクして出勤・・・という女性が多い。

トレーニング途中でマスクを外して水分補給される姿をたまたま見たりすると、リップが肌色で顔色の悪い人ばかり。年齢が重なると、唇の血色が悪くなるのは私も経験済みなので仕方ありません。

私は鏡張りのスタジオでのトレーニング時に自分にガッカリしたくないので、メイクはどんなに汗をかくシチュエーションでもいつもどおりにやってから、トレーニングに行くようにしています。

そうすると、たとえ汗をかいても汚く崩れない方法を見つけたり、メイク法やアイテムを工夫したりと、やっているからこそのアイデアが浮かんだりして。

生徒さんの中でもいつも綺麗にメイクされている方は、やはり自分のお顔を研究されています☆彡他人がやっているお手入れ法など参考にしながら、自身の変化を観察することも忘れていません。

美は一日にしてならず

まさしく日々の努力が後々のアンチエイジングに大きな影響を与えるということを綺麗な方々が教えてくれていますよね。

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ