SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. パラダイムシフト
2022.11.26

パラダイムシフト

今日からプライベートクラスがスタートしました。初めて受講される50代女性。本当はもっと早く受講したかったようなのですが、母親が骨折したことで急な介護が必要になったり、職場でコロナ感染者が出て会社から不要な外出禁止令が出たりと、タイミングがずれてようやくスタートできました。

『私の性格だとすぐに諦めてしまうのに、年末年始は絶対に太るってわかっている分”何とかして行かなくては”という気持ちが強く、とにかく年内に何とか始められたのでよかったです!』

プライベートで色々と重なると、過去にも『ダイエットに気持ちが入らないのでリタイアします・・・』こんな生徒さんがいたので、今回強い気持ちでタイミングを見計らってくれたことに感謝。

問題に直面した時に、”どうしよう・・・問題だ” そう思った事象に注目するので、問題でなかったことでも問題になることがあります。

あとで考えるとそれほど大きいわけでもないことでも、その時は問題に意識を向けて集中すると大問題に見えてくる・・・という魔法にかかったよな感覚になることがあるかもしれません。

ただ、いえることは問題にしているのは自身の意識の問題。

見方を変えれば学びと成長の機会であり、それはいつか誰かを励ます貴重な経験にさえなり得ます。つまり、今起こることは自分で解決できる自分サイズの問題でしかないはずだから。

もし大きな問題がきたとしたら、”その大きな問題を解決できるほどの人間になったのだ”と思って落ち着いて事の解決に向かえばいいのですよね。

悲しいことも苦しいことも、実は自分が経験して成長するための試練なのでどん底に落ちたように感じたらそれ以上落ちないので上に上がっていくだけです。

もっというと悩まないから問題にならず、悩むと問題になる。とてつもなく大きな問題に感じるなら意識の向けすぎか、もしくはあなたの成長のために起きた神様からの課題のようなものだと受け取り、解決に向かえばいい。

なるようにしかならないし、収まるところに収まるようになっていると思ったら気楽ではないでしょうか。全ての事象は認知と意味づけで生きる世界が創造されているので、いかに全てのことをよい経験として転換できるかが鍵だと思います。

私もいろんな方に自分の話をする時は、成功体験よりも失敗して悩んだ話を面白ろおかしく話したほうが相手を笑顔にさせられたり共感してもらえたり。悔しい思いや悲しい気持ちも良い経験として自分に積み上げていければ、怖いものなしですよね。

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ