独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. その人の本質
2017.11.25

その人の本質

本日もプライベートクラスが2クラス終了しました。

『気づきの多い1ヶ月になった!楽しかったです♪』
彼女たちは継続で参加されるので次のクラスが始まるまでしっかりと続けてくれることでしょう。

12月が近づいてきて忘年会がすでにスタートしている人も多いのではないでしょうか。

ダイエットを気にしていることでこの年末年始の飲み会を危機感をもって参加するのと”仕方がない”と思って割り切って参加するのではその後の身体のラインは大きく変わります。

人間は意識を向けたところが変化するようにできていて、現に筋トレをするときに自分の意識をしている部位が動いていたり反応しているという映像を何かのテレビ番組で見たことがあります。

こういった太りやすい季節に自己管理を徹底し、セルフコントロールできることがわかったら大きな自信を手にすることになるでしょう。

すると日常の中で感じられる小さな喜びもそうですが、自分が感じること全てに敏感に反応することにもなります。

今回のプライベートクラスに参加してくださった1人にとても素敵な女性がいたのですが、本人は平気で自分のことを『ブス』だと自らを罵っていました。

もちろん本心ではないにしろ、『ブス』『デブ』『どうしようもない(私)』といった言葉がよく口から発していたのでどうなる事かと思いましたが、

毎週リセットしながら気持ちを切り替えて頑張ってくれていましたが、もう終わりが近づくと手を緩める・・・というところが出てきてしまいました。つまり、少し痩せたことに対して満足してしまっているところが見受けられてちょっと残念。

言葉に”事実”がのらず、”偽り”が見え隠れするのは太り脳がダイエット脳の仮面をかぶっているだけでいつも太る要素を握りしめている状態かもしれません。

自分軸が揺らぎ始めた時よりもちょっと揺れた時点で対処しなければ揺れがひどくなってスリムクラブにきたら”固定観念”が頭にこびりついてしまって、そこから”素直”を引き出すのにまた時間がかかります。

自分づくりは一歩一歩の積み重ねなので一気に階段は駆け上がれないものだから確実な一歩を踏みしめて登った人の方がその後の登り階段がとても楽になることに気づいてほしいですね。

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー