独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. アップダウンの深層心理
2020.01.23

アップダウンの深層心理

寒いですね・・・昨日から寒さ続いているので風邪引かないように気をつけてください。
新型ウィルスも連日朝のニュースをチェックすると気になりますね。

自分のことは知っているようで知らないことって案外多いものです。たいてい他人を見る時に自分のフィルターを通して相手を見て好きなところや共通点など無意識に探しているのだと思います。

相手は鏡のような存在と言われるように、『この人は優しいな』って感じた時はあなたが優しかったり『気が強い人』と感じる人がいたらあなたの気の強さが見えていたり。

人に接して感じるところは意外と自分の中にある特性だったりするので相手を良い印象で捉えることができればいいとして、それをマイナスに感じることがあったら今一度自分の態度を振り返る機会かもしれません。

今日午前中のクラスが終わったあと、ネイルのストーンが一つ取れてしまったのでつけ直しのために急いでテラブルーへ行きました。

ストーンが取れるなんてこれまで一度もないのでちょっとびっくりなのですが、とりあえずまた担当のワタナベちゃんがフォローしてくれると思っていたら、

『すみません。今日ちょっと担当できないので代わりのものがやりますね。』
と言ってバックルームに入ってしまいました。

その部屋の中から同僚?らしき人たちと爆笑しているような会話が外に聞こえていて、誰が雑談しているのかわかりませんが仕事をする前のリラックスムードが漂っていました。

店内は私以外にお客がいない状態ではありましたが、雑談する暇あったらストーンの1つぐらいつけ直しできたのでは?

自分の仕事のミスをフォローできない子だったんだ、ってことに気づき、今まで信頼していた思いがすっかり崩れ落ちましたね。おかげで新しい担当の方への期待感が強くなりました。

代わりに接客してくれた女性はとても気を遣ってくれて丁寧でした。帰り際も深々と頭を下げてエレベーターが下に降りるまでそのままの姿勢で見送ってくれましたよ。

ainaHAIRでは例えばパーマをかけて1ヶ月経っていたとしても本人が『パーマがゆるくなった』と言われれば無料でかけ直しをしています。それはスタイルへの満足度にお金を払ってくれているという価値と価値の交換であるから。

そのフォローは必ず担当がやるし、よりそのお客様の満足度を充実させるために全力で取り組みます。今回ネイリストが作った作品に対する想いの低さにガッカリでしたが、こういった接客が普通なのかもしれませんね。

ただ私も仕事は仕事と割り切って線引きするところがあるので接客の中にもっと付加価値を見出し、より相手の満足度を超えるぐらいの感動する接客を目指していこうと思いました。

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード