美意識

  1. Home
  2. 美意識
  3. アーティストからの刺激
2020.02.05

アーティストからの刺激

昨日の不調がウソのように今日は朝から活動的☆彡
久しぶりに午前中のクラスがなかったのでドッグランへ行きました。

すると、いつも日中に来ているトイプードルのノアちゃん♀が来て、ノアママさんが
『こんにちは~この時間に来ているのって珍しいですね! 実はうちもです(笑)』

午後に神谷町で打ち合わせが入っていたので午前中しか今日は時間がなかったのです。ボストンテリアのデン君♂と久々に会うと珍しくシェリちゃんと激しい?絡み合い(笑)

ボステリ特有の激しいぶつかり合いをしながら走ったりお相撲したりとよい楽しい遊び相手になりました。ティノちゃんは相変わらず逃げ腰になりつつ、お姉ちゃんの後ろを追いかけるスタイル。

天気しいつもより過ごしやすい気温だったので充分遊んで帰りました☆彡シェリは自転車の横をジョギングしながらだったので家に戻った時は疲れてぐったり。その後2匹ともぐっすりお昼寝していましたよ。

kouseiさんが先日のスーパーボーㇽのハーフタイムショーの動画を観ていました。今回はシェキーラとジェニファー・ロペス。

ラテン系の素晴らしいパフォーマンスに目が釘付けでした。動画で観ているだけでもかなりの迫力なのに生で観たらどれほど興奮するのか・・・想像しただけでもゾクゾクワクワクします。

今回のジェニファー・ロペスの衣装は裸?!と思うぐらい大事なところのみ隠してほとんど裸に近い衣装もあったのですが、ダンス&パフォーマンスが力強くパワフルで全くいやらしさがない。彼女のカッコよさに圧倒される感じです。

いくつになってもセクシーであることは最高の美しさかもしれませんね。セクシーと言っても露出しているセクシーさというより、女磨きを頑張っているという意味。

欧米人の女性は”女であること”を心底楽しみ、そして男性はいくつになっても女であることを楽しんでいる女性を好んでいるのかもしれません。

だから年齢が重なっても自分の好きなものや似合うものを着て楽しみ、セクシーであることに喜びを感じているのでしょう。

私も頑張ろう!そんな気持ちにさせてくれました。
自分らしさを輝かせるために年齢を気にせず好きなものに囲まれた生活はすぐにできまよね。

ユーティリティ

2022年10月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー