SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. まるで幽体離脱?!
2020.06.15

まるで幽体離脱?!

午後クラスが終わってから久々に整体へ行ってきました。背中が凝り固まっていたのでほぐしてもらったのですが、
『かなり固まっていますね。』
朝はジョギングして自分でストレッチポールなどでストレッチもしていたものの、スッキリしないので急遽予約を入れてやってもらいました。

『走るなら坂道や階段を走った方がいい。』
ウォーキングもそうですが、平坦な道を走っていると筋肉が固くなりやすいんですって。筋肉を使ったらしっかり伸ばすが基本。ストレッチをやっていたとしても運動強度に対して足りないと指摘されました。

定期的にメンテナンスを入れて自分流をリセットする機会をつくることは必要ですね。やってもらって随分体が楽になりました。ただ完全に回復しているわけではないので、やはりkouseiさんにマッサージしてもらったほうがいいかもわかりません。

さて、今日息子が渋谷へ戻ってきました\(^o^)/といってもainaHAIRにカットに行ったようでkouseiさんから『家にも寄るって言っているよ』とLINEがきたので楽しみにしていたら

『家に寄ろうと思ったけど自主練の時間が無くなるからこのまま寮に戻るね。』
と息子から連絡が・・・涙 なんなんだよーー!私&シェリ&ティノとは会えないという現実。

寮生活はとても楽しいらしく、寮館長が若いので自分たちに寄り添って色々と話をしてくれるのだそう。五十嵐監督は厳しいので監督が寮に来ると選手たちは無言で大人しくしているけれどいなくなるとリラックスしてワイワイ楽しんでいるという話を聞きました。なかなか雰囲気よくチームとしてまとまっている感じ。

寮の食事もとても美味しいまでいかないけれどまずくはないのでしっかり食べられるのと、お昼のお弁当も種類が多いので飽きることなく食べられると聞いて安心しました。次はいつ会えるかこれも楽しみにしておくことにします♪愛おしい息子♡

今日のクラスで【今ダイエットをしている】という自覚を持つことが必要だと伝えました。この言葉は自分を縛るためのものではなく、”思い出す”ための言葉。

体脂肪が多くなると幽体離脱しているかのように意識がどこかに飛んで行ってしまうので目の前に起こる出来事に対してセルフコントロールする意識がそこにありません。

『ご飯食べてから何をやっていたのかな。たぶんボーっとテレビを見てた気がする。』
記憶は曖昧で無意識の中で生きることが当たり前なので家で何をしているのかという質問に対して答えられなかったりします。

クラスに来るたびに
『あーそうだった。時間を意識しようと思っていたのに忘れていました・・・』
今日も反省されていました。こうやって気づける機会があってよかったです。やる気を取り戻し『頑張ります!』と言って帰って行きました。終わりが近づいているので追い込みかけましょう。

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー