SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. どんな時も
2017.05.26

どんな時も

昨日からトラブルが続いてます^^;今朝はいきなりプリンターが作動せず、PCからの画像をプリントアウトできないという始末。

今日は最終日のプライベートクラスがあったので写真をお渡してして終了するはずが、渡すことができず後日配送という形をとらせていただきました。

そのせいでしまりの悪い終わり方をしてしまい・・・・(泣)本当に申し訳ございません!

しかし、生徒さんが帰った後すぐに復旧できて無事に写真をプリントアウトできたのですぐに郵送しました。本当に良かった~~~

本人がビフォア&アフター写真を見た時の反応が何よりも楽しみなだけに確認できず、かなり残念。

ただ、お一人は7月のグループクラス受講が決まっているので引き続き体を絞ることを意識されるのではないでしょうか。

中でも最終日までに1週間で体脂肪を-2%落とされた生徒さんは

『目標体重まではあともう一息でしたが、今の結果にも満足しています。今までいかに食べ過ぎていたのか、わかりましたし太るメカニズムも理解できて大変勉強になりました。

痩せることによって考え方も前向きに変化し、もっといろいろなことにチャンレンジしてみようという気持ちが湧いてきています。

ダイエットの成功は性格まで変えてしまうことを実感できました。もう1ヶ月前の自分に戻らないようにこれからも頑張ります!』

スタートした時は心配と不安ばかり口にしていた生徒さんだったのですが、ご自身のビフォア写真を見てスイッチが入ったようです。すぐに『ミア式ダイエット脳』の書籍を買われて熟読された様子。

翌週からの取り組む姿勢が変化し、同じクラスの生徒さんたちからも
「絶対に痩せた!」 「顔がスッキリした!!」「先週と全然違う!!!」

このように毎週絶賛されていたので本人もとても喜んでいました。

自分にスイッチが入ると顔つきも雰囲気もガラッと変わる。これは見えない力が働き始めているので、上手く行動の後押しをしているのかもしれません。

まずは自分が変化するためのスイッチを自ら押す(決める)ことが大事。
「決めた」と言いながら、人に流されていたり、自分のことを優先していない時点でアウト。それは全く決めていないということ。

感想の中でも
『とにかく痩せたいんです』  切実な思いがあるにも関わらず、

「〇〇はできない・・・」
「周りに知り合いがいたので仕方なく(食べてはいけないものも)食べました。」
「そこまではやりたくない・・・」など

過去の自分がやってきたことを手放せないでいるということは、過去を手放せない人に未来は新しく作れないのです。

作れるのは昨日今日という過去の延長のみ(つまり太り脳のままの自分ということ)

思ったように痩せない事だったり、こんなにやっているのにこれだけしか痩せないの?!こういった自分に対して虐待的な態度はそのままその人の見た目を曇らせていきます。

何と言っても変化している自分でさえ受け入れられなかったりすると『まだまだ修行が足りないな』と感じます。
不満と不安とストレスを抱えて今よりも膨らまなければいいのですが・・・・。

とにかく自分自身を責めてはいけません。

今の体を作ったのはあなた自身だから。懺悔して丁寧に大切に手厚くセルフケアしましょう。頭の先から足の爪の先までやるべきことはたくさんある!

ほっておいたところからゴミは溜まっていきますからね。大きな結果を求めるならもっと大きな結果が出るぐらい懸命にやる事です。

それをやった人が成果となって体型に現れているだけ。

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー