美意識

  1. Home
  2. 美意識
  3. 美容は永遠
2020.09.30

美容は永遠

午前中にプライベートクラスが1クラススタート☆彡
前期から継続受講の生徒さんなのですが、
『前回終わったからといって気が緩んでいる自分にガッカリして、早く今回始まってほしいと願いました!』

クールが終わった時に気の緩みが出たり、頑張った自分にご褒美を与えたくなったりとよくあることです。そういった心理状況だったりどう考えるべきかをお伝えしたらすでにスタートする前に気づき行動されていたのでとてもいい感じでした。

最初かなり落ち込んでいたのですが、前を向いてここから始まる意識が芽生えているので今期も頑張ってくれると信じています。

天気も良かったので久々にドッグランへ行きました。たくさんのワンちゃんたちが遊びに来ていて、穏やかな一日。久々だったのでシェリもとても嬉しそう♪

ティノちゃんは相変わらず私の後ろをついて回って全く運動にならなかったのですが、不思議と『ドッグランへ行く?!』と聞くと『行きたい♪行きたい♪』という雰囲気でテンションが高いのですけど・・・。

トイプードルを2匹連れた綺麗な女性がいたのですが、ニット系のパンツをはいている後ろ姿は””全く運動していない”雰囲気が出ていて惜しい感じ。後ろ姿を見ると常に椅子に座ってお仕事されているよう。おそらく30代半ばぐらいだと思うのですが、あの姿で自己管理していたらもっと美しいのにね。

スリムクラブに通っている生徒さんは、体脂肪が標準以下になると運動を積極的に取り入れてもらっているのはまさしくせっかく綺麗に痩せた姿をもっと引き立たせるためでもあります。

今日私の目にとまった綺麗な女性は太らない体型だからこそ、運動習慣を生活習慣に入れない傾向があるかもしれません。ということは、ダイエットに悩んだ人ほど元々綺麗な人より美しくなるチャンスがあるということですよ!顔は人間の一部。つまり全身が顔だと思ったほうがいいですね。

だからヘアスタイル、ファッション、持っているアイテムなど自分を飾るアイテムを使って表現できるのです。可愛くなくても可愛く見える人やパーツをみると綺麗なのに綺麗に見えない人がいるのはきっと自分らしさを生かせるか生かせないかの差。

生まれながらにして綺麗な人はほとんどいないわけで、”美”を意識した人が綺麗になるように年代に関係なく、その時その時の自分を常にアップデートしていけば磨きがかかります。

クラスの生徒さんの一人から
『先生のヘアスタイル可愛い♪どうやって作っているのですか?』
と聞かれました。バレッタ1つ、クリップ3つで作る30秒スタイル。

マスク姿が通常になっているのでサイドの髪を下すと暗い印象になりがちなのでサイドの髪を上げてスッキリ、リフトアップした雰囲気を見せる作戦です。

今年の夏が暑かったので簡単に髪をまとめるためのアイテムで暑さのストレス緩和。それでできたヘアスタイルとも言えます(笑)


ユーティリティ

2021年12月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード