学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 解決の視点
2017.06.06

解決の視点

ここ最近、SlimClubを終了した生徒さん達から質問がよくきています。

「体重、体脂肪が標準以下になったけれど下半身をもっと減らしたいのになかなか思うとおりにいかない・・・」

「これ以上体重は減らしたくないのだけれど、部分的に減らしていきたい」

「バストとヒップはふっくらしたまま、お腹周りだけ痩せたいのだけどどうしたらいいのか」 etc・・・

答えがわからず答えを探している中で私に相談してくれているのだと思うのですが、大事なことは求めているものに対してただ答えを導きだす過程で今何をやっているのか、ということを明らかにする必要があります。

『こうなりたい!』求めることは重要ではありますが、そうなることを前提に行動していなければ願ったとおりになりません。

先ほどの生徒さんの質問に戻ると

下半身を減らしたいなら減らすことができるアイデアはどのくらい試したのでしょうか。

体重を減らさずに部分的に減らすための取り組みはどんなことをしたのでしょうか

バストとヒップを減らさずにお腹周りだけ痩せるためにはどんな条件がそろわないといけないのでしょうか

このように自分にとって悩みとなっている部分には他のパーツと同じことをやっていては今と変わらない現実があるか、変化しているにも関わらずそれを体感できない可能性もあります。

部位に注目したのなら今やっていることにプラスそのパーツを変化させる取り組みは通常の2倍やらないと他の部位と同じ効果は得られません。

女性は確かに下半身に脂肪が溜まりやすい。そこに重力というものが作用するとさらに膨らんだ印象を受けます。

だから、普段の生活の中で変化させたいところを意識することはもちろんのこと、特別にスペシャルケアを合わせてやっていかなければバランスがとれないもの。

悩んでいる部位は他のパーツより動いていないはずです。

たとえば座る姿勢が崩れている人はお腹だけ前に出やすいし、猫背の人は背中が丸くなってそこに脂肪がのりやすい。

座っている時に足に締りのない人は脚の太さを気にする傾向があったりして。

つまり気になっているところに意識を集中して動かして流れを良くしていかなければいけません。

常に効果的に変化させる行動を選択しましょう。やり始めたらまず1ヶ月続けてみて、やり続けるか、やっていることを変化させるかは2ヶ月目に判断。

常に自分にとって価値のあることをやり続けることです。

良いと思ってやっている方法も習慣化した時点でさらに進化させて整えていきましょうね。

人間の体は常に新しい刺激を求めていますので、それに答えてあげられるように自分と向き合うことです。

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー