思い

  1. Home
  2. 思い
  3. 言葉の力
2021.03.04

言葉の力

言葉は思考をつくり、感情に影響を与えて行動を方向づける働きがあります。今日のクラスでも
『つい自分のことを責めてしまう・・・』
という話がでたのですが、マイナスな言葉が出たとしてもその後すぐにプラスの言葉で上書きすればマイナスな言葉は打ち消されます。

記憶はいつも更新されるので、何度もクラスに通っている人が同じ内容を学んだとしても今の自分のレベルで反応する学びが存在し、新鮮に感じるようです。これが成長の証。

たとえば日常に試練が起こり気分が削がれる言葉が浮かんだとしても、
『どうしようもない』
『最低最悪だ』
『何をやっても無駄』
『運に見放された』

こういった言葉を使うと思考はその言葉に反応して思うようにならない理由をあれこれ考え始めます。気持ちが下がると行動もできなくなり、ストレスも溜まるので注意しましょう。

自分を鼓舞することはとても大切で、起こっている現実に対して
『もっとできる』
『何とかなる』
『ピンチはチャンス』
『この先良くなる』

このように自らを元気づけられれば可能性を模索し始めて、気力が湧いて行動しやすくなります。プラス思考が世の中で推奨されるのは、頭に浮かぶワードが自分のメンタルを左右しているからです。

思ったとおりにいかないことがあっても必ず良い気分でその日終わることができれば、きっとその先はたとえ最悪と思える今よりは少しでも良くなる道がひらけるはずですよ。

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード