今日の出来事

  1. Home
  2. 今日の出来事
  3. 先輩からの学び
2021.03.06

先輩からの学び

いつも10時になると仙台の大ママに電話をします。声を聞くとその日の体調がわかるので、LINEなど文字ではなく実際に声を聞くようにしているのですが、

『自分が若い時に友達で10歳離れているオンニが”ここが痛い、あそこが痛い”と身体中いろんなところを痛がっている意味がよくわかるわ。歳を取ると痛いとこだらけ(笑)』

そうらしいですね。仙台の姉もヘパーデン結節を患っているので指は常に鈍痛があるとか。ただ痛くて何もできないということはなく、ちょっと痛いな・・・と感じるぐらいなので日常生活には支障がないようです。何となくの痛みも気になりますよね。

年齢が重なることで当たり前に平穏に過ごしていると、よっぽどの刺激がない限り鈍感になりがち。そんな時は改めて自分を見つめる時間をとるようにしましょう。美容は永遠なのでちょっとでも気になるところがあったらすぐに対処したほうがいい。

若い時にかわいいのは自然のかわいさだけど、年を重ねてもかわいい人は本物のかわいさ。何歳になってもかわいい人でいたいと最近よく思います。

それは自分より年上のainaHAIRに来店するお客様を接客する時に感じたりして。1ヶ月の間にヘアカラー、トリートメント、シャンプーブロー、カットを分けて来店されるマダムがいるのですが振る舞いはエレガントでオシャレにも気を遣っていらっしゃいます。

メニューを分けて来店されるのも、時間もお金もあるからかもしれませんがいつでもきちんと身なりを整えていたいという願望からだとおっしゃっていまいた。

このようにこだわりのある女性は愛らしく、無邪気で大らかで純粋、素直で明るく元気etc 近寄りたくなるオーラを放っているようなイメージ。

そういった方々を接客して感じるのは、嫌なことや不平不満は心に残さずいいことだけ心にとどめて穏やかな日々を意識しているよう。経験してきたことを生かした生き方、見習いたいですね。

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー