健康

  1. Home
  2. 健康
  3. 10年単位で考える
2021.03.07

10年単位で考える

関東圏は緊急事態宣言が延長されていますが、日中に用事があってタカシマヤの方へ行くと駐車場を待つ長蛇の列が代々木駅まで続いていました。

もちろん自転車置き場はいっぱいで、いつもだと自転車置き場ではないところも自転車が置けるように警備員さんが場所を確保しているようでした。

外出自粛と言われても、自分のやるべきことを注意する以外に目に見えないウィルスへの対処はやりようがありませんからね。

マスクと消毒、不要不急の外出を控えている状態でのデパートの混雑具合なので今までの食事の宅配やテイクアウトというスタイルがいかに違和感だったかということです。

さて、皆さまは10年前の体型はどんな感じでしたか?今はどうでしょう?そして、10年後はどんな体型になっていると思いますか?

10年は思ったより長くそして思ったよりもあっという間。10年前から今までの習慣の積み重ねが現在の体型です。

よい習慣がある人もいれば、そうでない人もいるでしょう。今の習慣をそのまま続けた場合の10年後の体型と習慣を変えた場合の10年後の体型はどんな風に違うか考えてみてください。

体型の影響を大きく受けるのはやはり食生活。甘いものが好きな方やお酒がやめられない方、ストレスがあると食べてしまう方など様々な”くせ”や”習慣”がこの先の未来の体型に影響を与えます。

いわゆる”嗜好品”と呼ばれるものは糖分や脂肪分、添加物が含まれることが多く、外食なども化学物質で処理されているものなど含まれます。

それらは私達に『食べろ』という指令である【依存症】をもたらし、一度食べると病みつきになったり、食べ出したら止まらない・・・そしてまた食べたくなる・・・・そのように工夫されて美味しくつくられています。

こういったことも習慣になっているだけであり、思考のクセが影響しているだけ。人間は本来は自然の味覚をもっています。

日常的にどんな味覚に触れる機会が多いかということで習慣化され、”美味しさ”を感じているだけだとしたら、今から将来の健康を考えると変えていかなければいけないことは明らかですよね。

体型を気にしているならば、自分が今好きなものや食べたいと思ってしまうものを一旦諦めましょう。そのコントロールはそれほど難しいことはありません。まず決めること。

質素な食事でも『食べられるだけありがたい』と感じれるようになったら自然の味覚に戻ってきた証拠。そういった自分の変化を楽しめるようにトライしてみる時です。春になるとコートを脱ぎ薄着になっていく季節。

これからスタイルを世間に披露する季節がやってきますからダイエット、急ぎましょう!

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード