幸せ

  1. Home
  2. 幸せ
  3. いつも自分のために
2021.04.06

いつも自分のために

仙台在住の妹が仕事で東京入りしていたので、仕事の打ち合わせを兼ねてまたまたおかめインコのパールちゃんを我が家へ連れて来てくれました。

相変わらずパールちゃんカワイイ♡
今回はシェリが積極的にパールちゃんに近づき、ブーブー鼻を鳴らしパールちゃんも妹の肩に乗りながら何か話をしていて、見ていて楽しかったです。

肩から翼を広げて部屋中を飛びまわり、シェリが追いかけたりして。パーㇽちゃんも反応が早いのでシェリは追いつかず、二人の追いかけっこがしばらく続きました(笑)

ティノは尻尾が垂れ下がり、最初のマッチングの際にパールちゃんから何か言われたよう・・・今日は全く近づくことなく、私の膝の上やいつも寝ている自分のベッドへ避難していました。動物たちは本能で行動しているので、ある意味素直。

この素直さは可愛いや愛しさに繋がり、”素直””可愛い””愛しい”このようなワードはいつも心にとどめておきたいと思いますね。

さて、昨日のクラスで出てきた話なのですが自己犠牲の元にある行動は、最初は『相手のためになっている』と思っているけれど次第に心が疲れてくるということ。

私の友人で年老いた親(まだ介護は必要ないレベル)の面倒を一人で見ている女性がいるのですが、最初は『母のために親孝行しよう!』と自分の時間を親の用事に合わせるようにしていました。この時は素直に愛からくる感情によって行動しているのです。

しかし1年2年と時が経つにつれて、親に合わせていることで自分の時間が制限されて『親の面倒は負担でしかない・・・』
このように言っていて、私に会うと話をしながら泣いてしまうことも。

親に対して不満をもっている自分は”親不孝””冷たい人間”だと嫌気がさして自分を責めてしまいがちですが、そんな自分がいる事を受容しているとも言えます。

『相手にために・・・』していることであっても『自分のためになっている』ことに注目し、心を内観するような習慣があれば、この先どんな状況が訪れたとしても大きなストレスにはならないのではないでしょうか。

ユーティリティ

2021年12月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード