独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 心の豊かさ
2021.05.20

心の豊かさ

毎日を健やかに保つ方法の一つとして一日一善を目指すといいと言われています。自分にとっての一善だったり、誰かのためでもいいと思います。

このように意識すると、『善きこととは何か』について考えることになるし『善き行い』を見つけてそれを実際に行うことができると自尊心が育まれるでしょう。

善を意識していたとしても、たとえば不快な出来事を経験した時にその出来事を思い出してイヤな気分が続いたとしたらどうしたらいいのか・・・今日のクラスでもその話題が出ました。

不安や恐怖は意欲を低下させて、つい人への当たりがきつくなったりマイナスな体験に引きずられてさらに不快な状況を招くこともあります。

思考のスイッチがマイナス体験に向けられたままの状態だとメンタルにも大きな影響を与えるので、できるだけマイナスの影響を受けずに不快な気分を解消したいなら、まず ”今” をどう抜け出すかを考える事が賢明です。

抜け出す方法の一つとして不快な体験から得られたプラスの要因を書き出してみると、経験からのフィードバックを得られ、不快なことから自身の態度や姿勢を見直すキッカケになることもあるかもしれません。

さらには、何も考えずにやれることに集中して取り組むこともいいですね。不快なことから離れるためにやった行動はのちのち自分にとって打たれ強いメンタルが身につくはずですから。

つまり心の豊かさを高めたいと思った時に”善”だけを意識するのではなく、意外とマイナスな感情が湧いた時にやった行動こそが、より人間的な厚みになったりするもの。

そう考えると、辛い・苦しい・悲しいといった負の感情があったとしても、そこから気づいたり見つけたりすることは自分自身にとって器を広げるチャンスになるということです。

生きていれば試練が与えられるので、そういったことも受け入れながら学びや成長する機会と捉えることが大事ですね。あらゆることを乗り越えている人は人間力が高まり、心の豊かさを手に入れいているのではないでしょうか。

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー