SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. チャンレンジ思考
2021.06.02

チャンレンジ思考

午前中はプライベートクラスでした。その中で『やっても無駄だ・・・』と諦めてしまう思考が以前はよく出てきていたという話をシェアしてくださいました。

現実世界はあらゆる可能性に満ちています。しかし知らず知らずのうちに自分で限界を作り出してその可能性を狭めてしまうことがあったりして。

今回クラスの中ではこれまで『きっと無理だ』『出来ないだろう』このように感じていたことをあえて行動に入れてもらうようにしました。諦め思考は比較的に思考のクセからくることがあります。

彼女の場合もこれまでのダイエットの失敗から自分への期待が低いことを自覚されていて、そんな自分を変えたいと思ったことも今回クラスに通ってくれた目的なのだとか。

行動する前から『やっても無駄』と早々に諦めたり、考える余地が残されているのに『どうせ無理だろう』と考えることを放棄してしまったりするのは、その方が自分に期待しなくて済む分、心が傷つかないと思っているところもあります。つまりは自らを守るために生じる防衛反応なのかもしれません。

不可能に感じることがあったとしても、自分の思考の枠組みに限界を感じていることの方が大きい。つまりは思い込みでもあります。

思考の枠組みはそれまでに蓄えてきた知識や経験によって形づくられるもの。もし何か限界を感じた時は自分が知っているものだけではなく、知らないものにも心を開いたり好奇心をもって新しいものに触れるなど興味関心をもって未経験のことに取り組むこともいいですね。

そうすれば思考も広がり、現実世界の捉え方や新たな可能性を発見できるのではないでしょうか。

私たちはあらゆる可能性に満ちた世界に生きているので、その可能性を見いだせるかどうかは自分の思考の枠組みの限界に気づけるかどうかが重要な鍵となります。

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー