健康

  1. Home
  2. 健康
  3. メンタルヘルス
2021.08.10

メンタルヘルス

暑いですね・・・最高気温37℃だなんて。さすがに朝の散歩はkouseiさんからも
『シェリを外に連れて行ったら途中で死んでしまうかも』
ということで取りやめに。

昨日の夜は涼しくなっていたので久々に普通に散歩させることができました。まだまだ暑い日が続くと思うので、夜の散歩には工夫が必要そうです。

今日友人から『慢性的な疲労感がある・・・』という相談を受けました。確かに彼女はハードワークなのですが、年齢は45歳で多少更年期を自覚しているようです。日中は常に眠く、仕事が終わった後は疲れすぎて何もできない状態なのだそう。

慢性的な疲労感があるならば、常に何かと勝負をして戦い続けているのではないかということを聞いてみると、

『確かにいつも周りの人や環境、誰かの価値観との戦いがあるかもしれない。』
と言っていました。そして会社で結果を出さないといけないと思っているので、話を聞いていると自分との戦いが加わっているような気もします。

そういえば生徒さんの中でも忙しい時期と暇な時期があり、それは毎年同じように起こっているのですが、仕事が暇な時期であっても自分以外の他者によって忙しくなることがあるし、忙しい時期とプライベートでのアクシデントが重なってさらに忙しくなったり・・・つまりいつもバタバタしている状態。

そうなると戦いと戦いの間に真の休息をとることができず慢性的疲労感が生まれてしまい、リラックスできる状態がとれません。これは年齢が上がれば上がるほど、自律神経のバランスを崩すので症状は悪化しやすいのです。

心身のバランスを崩すとやる気も起こらず、いつも疲れた身体に鞭打って目の前の仕事をこなさないといけなくなります。すると自分へのケアに手が回らず、楽しみも無くなるのでストレスから暴飲暴食に繋がり、心のダメージが大きくなるかもしれません。

そうならないために彼女にアドバイスしたことは、様々な出来事に対して勝負を挑むのではなく、理解する程度で受け入れていくと状態は大きく変化するということ。他者へは程よく歩みよる余裕が出たり、無駄な力みが抜ければ自分らしさが生まれます。

環境の変化や多様な価値観を理解するように試みれば、どのような距離感でそれらと関われば良いのかを検討しやすくなるし、視野も広がり冷静に判断できるようになるので適切な対応も可能になるということを伝えました。

仕事とプライベートのバランスがとりやすくなれば、無理なく生き生きと過ごせることで明日への活力も湧いてくるのではないでしょうか。心身の疲労を自覚しているならば、早めに対処することはとても大切なことなのですよね。

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー