独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. ストレスとの付き合い方
2017.07.21

ストレスとの付き合い方

本日プライベートクラスが1クラス終了しました♪

ご紹介で参加してくださたったのですが、先週あるはずのクラスが無くなってしまって少しリズムを崩してしまったよう。

50歳女性
『体のしくみやダイエットの考え方を知ることができて、とても勉強になりました。太る落とし穴から抜け出して太らない生活を身につけていきたいと思います。』

最初はダイエットを楽しんでいて順調に減っていたことを本人も驚いていましたが、最後の最後で

『お腹空いていないのに食べ続けている・・・』と反省があり、思うように大きく変化しきれなかったところはありましたが

思考と習慣というポイントに関してやれることが増えていて、このまま継続で頑張る予定です。

知らず知らずのうちに何かのストレスをためていることは明らかで、誰にでも起こること。

それこそ気温や湿度によって不快指数が増えるとストレスはたまるものだし、すべきことが増えてゆとりが無くなって忙しくなることでストレスは高まります。

いつもと違う方法で取り組まないといけないことに出会った時も思うようにいかないところでストレスは溜まるもの。

ストレスというものは求めていることと現実とのギャップによって生まれてきます。つまり、生きている限りストレスからは逃れられないということ。

だからこそ、ストレスに対する耐性を強化していく必要があり、ストレスに強くなるために自分を整えておくことも大事。

自分を整えるためには自らをよく見ることだし、常に意識を心に戻すことです。

そうやって一つ一つ細かく見ていくと、どんな風に心地よさを求めているのかが明らかになり、常に冷静でいられます。

もちろん、心が乱れたっていい。とことん落ち込んで落ち込んで落ち込みきった先には心が解放される時だってあります。

何があってもそれをどうやって楽しもうか?! まずは考えてみてください。

嫌なことがあったときに嫌なままほっておく、気になることがあるのに見て見ぬふりをしている・・・こういったところが最もその後の大きなストレスを生み出すことを忘れないで。

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー