独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 心を育てる
2017.08.02

心を育てる

8月が始まりましたね。

昨日から息子は白馬への合宿で金曜日まで留守です♪
バンザーイ\(^o^)/

夏休みの宿題をやらせるのに「宿題やったの?」食事を気にして「ご飯何食べる?」友達と遊びに出かけてしまうと「何時に帰ってくる?」など

学校がある時と違っていちいち確認しないといけない状況で、イレギュラーな予定に翻弄されていましたが、昨日から落ち着いています(笑)

サッカー合宿など小学校の時は集合場所まで送りとどけないと
『一人ではいけない。荷物重いし』
な~んて言っていたのに、今回は

『友達と約束しているからついて来ないでね』
と言われてしまいました。成長したな~って感じです。

今年は3年生が全国大会出場が決まっているので、8月は北海道で行われる関東大会決勝に向けて上級生たちは決勝まで進むと20日間の宿泊をしなければいけないようで

チームから1口2000円~の寄付の要請があったのですぐに数万円の寄付をしました。

コーチたちは、8月中 北海道(3年)、2年各種大会出場、1年(白馬、鹿島、浜崎大会出場)に分かれて引率です。各学年メンバーが約50名を超えているので本当にまとめるのは大変ですよね。

おかげで監督&コーチたちの罵声が飛んできても心折れず、心臓に毛が生えてきているぐらいの野性的強さが身についてくるようです。

こういった経験が忍耐強さや折れない心を作り上げてくれるのだと信じています。きっと、高校サッカーになるともっと厳しいのでしょうね・・・・。

さて、
普通の生活の中でもついつい状況が変わった時に、自分への視点がずれて周りしか見えてない状況になり自らを見失いがち。

本来あるべき姿からずれてしまっては、思ったとおりの結果が出ないだけではなく、今やっていることに対しても幸福感をもてなくなったりします。

常に焦りや不安、イライラなど気分がよくない状態が道がずれていることを知らせてくれているのですが、そんな気分から解放されるために”食べること”で少しでも幸福感を味わおうとしてしまう。

満たされない気持ちはさらに増幅していくので、次第に自己概念も下がるのです。

いつも自分にとってベストな選択を意識していかなければいけません。

今年も残すところあと5ヶ月切りましたよ。
年末に『今年も頑張った!』と胸をはって言えるように自分らしく歩みましょう。

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー