健康

  1. Home
  2. 健康
  3. 眼鏡の存在
2017.08.03

眼鏡の存在

先日オグラ眼鏡店へ視力検査に行ってきました。

なぜ、眼鏡店?って感じですが、去年眼科で視力検査をしてもらったら看護師さんから
「年齢的に老眼始まっているので絶対に眼鏡をつくった方がいい!」
と、言われてしまったのですがその決めつけた言い方が気に入らなくて(笑)抵抗していたのですが、

今回検査してみようと思ったのはダーリンも最近近くのものが見ずらいと言う話から眼科医推奨の眼鏡店でもある”オグラ眼鏡店”にチラッと行ってみたのです。

あくまでも作る予定ではないけれど、とりあえず相談したいということを店員さんにも伝えて二人そろって検査してみました。

すると、ダーリンは視力2.0で私は視力1.5

ダーリンの2.0に関しては検査してくれた男性店員が彼の答えが合っているのか、間違っているのかの確認も文字が小さすぎてできないぐらいの見え方だったようで

「スゴイですね!僕の方が見えていないです」
と、眼鏡をかけた店員に褒められてダーリン上機嫌(笑)

私も方も裸眼で1.5ですが、近くは0.8だったりするのでピント調整機能は確かに以前より弱っていることを指摘されました。

しかし、店員さんからしても眼鏡が無くてもいいぐらいの状態なので作っても作らなくてもいいと思う、といった感じではっきりと老眼ではないと言ってもらって一安心。

夜に本を読む時に目の疲れを感じることや日中にパソコンを使って仕事をしていることなど総合的に考えると、

仕事中のみ軽くピント調整してくれる眼鏡を使ってみると疲れの軽減になるという言葉に反応して今回は作ってみました。

仕事用なのでブルーライトカットのオプションをつけたので、目の視力を保護する機能付きです。

それにしても店内には10万軽く超えるフレームが売られていて驚きました。金でできていたり、宝石が埋め込まれているもの、象牙で作られたものなど高級品が並んでいて、

宝石のようにガラスケースに入ってはいるのですが、全然ワクワクしない・・・やはりただの眼鏡。

あんな高級品を買いたい!なんて思う年齢がきたとしたら自分に驚いてしまうかもしれませんね。

やはり専門店で見てもらって大正解。

とりあえずネットで遠近両用メガネだったり市販の老眼鏡だったりといったものを簡単に使ってしまうとさらに見え方の左右差が生まれて疲れ目を助長し、目薬に頼るという生活になるそう。

もちろん視力の低下だけではなく、老眼も進むようなので簡単に考えてはいけないですね。

今回は左右差を微調整してもらったのでより目に優しい眼鏡になっています。これでパソコンだけではなく、夜の読書も快適にできると思うと出来がりが楽しみです☆彡

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー