今日の出来事

  1. Home
  2. 今日の出来事
  3. 行動の質を高める
2017.09.29

行動の質を高める

さて、昨日の続きですが今期終了された38歳の初参加の女性

38歳 H.Aさん
体重-6.6kg、ウエスト-8.4㎝、ヒップ-7.5㎝、太もも-6.5㎝、
体脂肪30.7%⇒25.5%

『何度もダイエットに失敗してきていたので、本当に痩せることができのか?すっと不安でした。ミア式ダイエットを始めてから結果が思うように出ない時に食に走ってしまいそうな時もありましたが、最初に先生から”素直に聞いて実行すれば痩せます”と教えてもらったのでそれを信じて続けることができました。
今回の結果で自分に自信がつき、いい生活習慣が身につき始めているのでこれを続けていき、さらに健康的に痩せている体でいたいです。』

彼女は来年1月の新クラスをすでにお申込みされているのでそれまで自分でやってみて、1月新クラスで見直ししながらさらに変化させていくことになります。

元々可愛らしい感じの女性なのですが、スリムになったおかげでそこに美しさが加わってスタイル抜群になりました。旦那様はじめ娘さんが喜んでいるようです。

「11号サイズだった洋服が今では7号サイズも入るようになっているのがうれしい♡」

痩せたことに大変喜んでいるだけではなく、このダイエット生活の価値が自分の生活の一部となっているところがポイントだと思います。

たとえ体脂肪を減らせて標準内に入ったとしても、少しづつ戻ってしまったという人がいたとしたら、結果的に『食べてしまったんです・・・』『食べ過ぎました』などの言葉の行動が原因。

わかっているけどやめられない、とは言うのも実は ”わかっていないことに自分が気づいていない” だけなのではないかな~なんて思います。

ダイエットのおかげで手に入れた生活習慣や思考に価値をもって取り組んでいる人はリバウンドなんてしていません。

しかし、どこかで崩れてしまう人の特徴としては【ただ、痩せるために(今の行動を)やっている】こういった間違いが、たとえ体重が₋20kg以上減ったとしても、体脂肪-10%減を達成したとしても、

結果的に『痩せるためだけの行動』はやがて『やらなくても今の自分はそんなに困らない』『少しだけならいいかな』などという思考に変わり、そのうち『痩せるための行動・・・やらない or やれる時だけやろう』に変化してしまいます。

太る原因がわかっていても、太る生活を選択していたら痩せないのは当たり前。
『前よりは食べる量が減った』『前よりは選んで食べているんです』『ダメな日はあってもほぼできているし』etc

行動の選択の質にこだわらなければ、次の新たな結果は生まれてこないのです。それなのに、同じことをやり続けていればなんとかなる・・・そう思っている人がいるのかもしれませんね。

スリムクラブで伝えている【継続する】の意味は、やっていることに対する価値を感じる(見出す)ところまでとことん突きつめる、という意味です。

心の底から価値を感じたり、やっている意味を見いだせていないのに行動を変えるなんてありえないでしょう?!

今千葉県でクラスを開講している宍倉涼子先生からの相談メールの最後に

「これから朝ヨガに行ってから出勤します!
先生のクラスに通わなかったらこんな生活してなかったなと改めて思います。
仕向けて動くと変わると日々実感してます。」

素敵ですよね~~~☆彡メールがキラキラしていました♪眩しい♡
おかげで私も『頑張らなくっちゃ♪』と元気が出ます。

こうやって自分にとっての充実の日々が人を陽気にさせる日になることを知ってくださいね。

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー