健康

  1. Home
  2. 健康
  3. 太る原因
2017.10.12

太る原因

今日からグループクラスがスタートしました。初の木曜日クラスからスタート。

お話を聞いているとやはりストレスフルな方が多いですね。ストレス過多で一番影響を受けるのが消化器系。

ストレスを感じた時に大量発生するコルチゾールは筋肉を痩せさせるはたらきがあるので、顔の皮膚を引き上げる僧帽筋や目の周りの眼輪筋、顔全体の筋肉とつながっている口輪筋という見た目の若さに直結している抗重力筋が衰えてしまいます。

こういった下垂してしまう筋肉を増強させるのはセロトニン。腸で95%以上分泌されると言われているので腸の状態を整えるのはたるみケアにもつながるということですね。

各クラスの生徒さんの中で便秘で悩んでいる方もいるのですが、腸が弱っていると便秘になります。

胃腸が弱ってしまうと摂った食事が上手に吸収されないのでどんなにタンパク質を摂っていたとしても未消化で大腸に流れやすい。
すると、悪玉菌も増えるし発がん物質も作られてしまうこともあります。

ついつい食べてしまうというその食品が結果的に胃腸を弱らせ、腸の働きを悪くしていくので、筋肉も増えないばかりか隠れ栄養失調になります。

食欲コントロール機能が壊れているのでバカ食いを繰りかえし、太る(リバウンドする)ことにつながるのですよね。

そう考えると、大体は基本どうりにできているのに、ちょっとだけ食べるスイーツだったりお腹が減っていないのに食べていることによって、思ったような結果が出ない・・・ということが起こりがち。

太る原因はもちろん食べているもの、食べ過ぎから起こるのですが意外にも最も小さな失敗(カロリーで見ると大したことはない)の繰り返しのほうがダイエット失敗を選択しているということなのだ、と今日のクラスで感じました。

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー