独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 気づく人、気づかない人
2017.12.14

気づく人、気づかない人

その人の行動を観察すると何を重要に感じて行動しているのか、口で言っている事とやっていることの違いによって明らかになります。

例えば、ダイエットに関していうと『痩せたい』と言いながら『太りたい!』という行動を繰り返していたり、

『自分の時間が取れるように仕事がしたい』と言いいながら自分の時間がとれないぐらいの仕事を詰め込んだり(たまたま重要な仕事が重なった場合も含めて)

本当に望んでいることは何?!ということですよね。

もちろん仕事に関しては自分のおかれている立場だったりどうしようもないこともあるかもしれませんが、その行動一つ一つが本来自分のあるべき姿から遠ざけていることに気づかなくてはいけません。

日本人は特に思い込みの傾向が強く、『自分がやらなければ・・・みんなのため』だったり『私がやった方が時間もかからないし他の人が助かるのでは』

こういった自己犠牲の先にあるのは自分のエゴそのもの。つまり、都合よく自分をかっこよく”いい人””頼りになる人”を演じたいだけ。

本心ではないその行動の先にあるのは不満と怒りをまた心に溜め込んで自分のまわりにカルマを増やしていることになります。

そんなことをしていたら今と同じ状況は結局またやってくるのに・・・

かえって悩みを吐き出せるところがある人は心のデトックスができるので、過去の自分を上手に脱皮して成長できるのですよね。

今見えている世界は幻想ですから、その時感じた感情は味わいたくて仕向けられているとしたら?

自分に都合よく楽しんでしまったほうがいいと思いませんか。もちろん悩むのもあり。しかし、悩みを食べることで解消していたらまた同じ悩みはやってきます。

なぜなら、その悩みを違うことで解決するためにそのストレスが発生しているのではないのですからね。

こうやって自分の世界をもっと注意深く今起こっている出来事の意味を深く考えてみてはどうでしょうか。

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー