独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 私の相棒
2018.01.12

私の相棒

今年最初のアクシデントはVANMOOF電動自転車。
アプリで鍵の開錠(アンロック)するのですが、簡単なのは自転車に近づくと自動で起動し、ダッシュボードの窓に指をかざしただけでアンロックできるシステム。つまり基本的にキーレスなのです。(携帯持っていない時はキーがあります)

しかし、指をかざすアンロックがいまいち反応悪いのでいつもカバンから携帯を出してアンロックしていたのですがとても面倒ですぐさまサポートに連絡。

指示としては、自転車のリセットとアプリをログアウトしてからのログインするということだったのでやってみるとPCではログインできてもアプリからのログインが上手くいかない・・・。

パスワードが違うとメッセージが出てくるのですが、設定した時に手帳に記帳して忘れないようにしていたので違うはずがない。ログインできなければ自転車にも乗れないので(この日はaina 出勤)

慌ててPCからログインし直したりと色々やっているうちにようやくアプリのログインに成功! よかった~~~と安心していたのもつかの間。

いざ帰ろうと自転車に近づいてみると、いつもは携帯をもっていたら自動でつくはずの起動がない。
???アプリがダメならとりあえず本体についている電源をつけてみたのですが、全く無反応。

鍵のロックがされていなければ電動なしで普通の自転車として乗れるはずが、ロックがされているので全く動かせない。

慌ててサポートに連絡してみると
「もしかしたら盗難の申請をクリックしたりしていませんか?」

!!!!そうなんです。PCでログインできた後、アプリの画面に設定マークがなかったのでマイページで色々といじっている時に誤って盗難申請をしてしまったのでした。

この自転車は盗難されても衛星?で追跡し、2週間以内に持ち主に戻すというシステムがあって、盗難申請してしまったせいで完全にロックがかかってしまったのです・・・・。

誤通報が一番厄介らしく(時間がかかるということでした)バックオフィスからの指示を待たないとサポートでは何もできないと言われてしまいました。

「VANMOOFバスターはいらないのでとにかく早くロック解除してくれるように頼んでください!」

サポートの男性に何度も何度も電話やメールで訴えたおかげで早めに対応してくれたようです。

バックオフィスからのレスポンスが遅かったのでイライラしたのですが、4日後無事にロック解除の連絡があり、ようやく元に戻って自分の携帯アプリで起動できた時はこの自転車への愛おしさが増しました(笑)

こういったトラブルもいい経験☆彡 誤通報は二度とないと思います。

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー