ここだけの話

  1. Home
  2. ここだけの話
  3. ダイエット軸からぶれない
2018.02.05

ダイエット軸からぶれない

今日もハードな1日でした。
午前中から4クラスこなしたので(今Skypeスリムクラブ受講生がいる)夜のクラスが終わった後すぐにお風呂に入りました。

今日のクラスでも『忙しい時ほど何か食べてしまいたくなる』というシェアがあり、この話を聞いてうなづいている人もいました。
私もそうですがスリムな人だと『忙しいほど食べる気がしない』と感じる人のほうが多いように感じます。

誰もが思考のクセがあって、先週のインフルエンザや風邪などで体調が悪い人は回復食として”おかゆ”や”うどん””パン”など食べて元気になろうとします。

Skypeスリムクラブの生徒さんの家族が先週風邪で寝込んだ時に彼女がやったのは大豆麺を探してきてだし汁のスープでにゅう麺仕立てでお子様に食べさせたそうです。

自分も一緒に食べられたので彼女が言うのは
「どんな時でもダイエット用の行動ってできるものだと改めて感じました」
素晴らしいですよね。

自分の軸がぶれないようにその中で最善を尽くす。
風邪であろうと体調が悪い時であろうと考えたらいくらでもできるもの。それを

『せっかくの旅行だから』
『子供の(自分の)誕生日だったから』
『お姑さんの手前食べないわけにいかないから』
『仕事に絡む食事会だったから』     etc・・・

食べる言い訳なんて上げたらきりがないぐらいどんどん出てきますよね。

過去についてしまったいらない脂肪はセルフコントロール力さえできないぐらい自分の体を支配しはじめます。

ダイエットに成功しない人のほとんどが脂肪に制圧された思考の中で諦めてしまう傾向があるのでどんな時も、どんな状況下でも、誰が何と言おうと ”自分を貫く” ことが出来た時にスリムになっているのではないでしょうか。

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード