運動

  1. Home
  2. 運動
  3. 鍛え上げる
2017.01.15

鍛え上げる

ainaHAIR(http://www.aina-hair.com/)の男性のお客様のストレートパーマの施術をヘルプしたのですが、その方がナント体脂肪3%!

お話をうかがうと20年前からジムトレにはまって、やり続けた結果だとのこと。食事はプロテイン以外はあまり気にしていないそう。お酒を飲みたいからトレーニングも続けているということでした。

サッカー選手であるインテル(イタリアチーム)の長友選手や元日本代表の中田英寿でも体脂肪6%なのですが、このお客様は筋トレ以外にスポーツをやっていない普通の人でトレーニングで鍛えることが日常になっている体脂肪3%というのは驚きです。

筋力アップのトレーニングは自己満足だけで他になんの目的もないとのこと。

「3ヶ月週に2~3回の2時間トレーニングを続けたら誰でもこうなりますヨ~」
・・・ですって(笑)

今日のプライベートクラスでもちょっと話をしたのですが、運動を習慣化している人はメンタルの強さがあります。

それはやはり何度も苦しさ(大変でもがいている苦しさではなく、その先の明るい未来を見据えたような苦しさなので負の感情ではない)を乗り越えてきた成功体験が精神力を鍛えているということは間違いありません。

トレーニングはその時は苦しくても達成感があり、それをやっている自分が心地よくなることによって運動習慣がやめられなくなるのですよね。なんといっても汗をかいたことで気持ちがよいですから。

そのお客様の話の中でもダイエットだけではなく、老化現象を予防する意味でも

「とにかく筋肉を増やしておけば、間違いない」

やり続けている人の話はリアルで私も今すぐ仕事を終えて筋トレしたくなりました。体を鍛えるということがメンタルを鍛えることになります。

スタートしたグループクラスの生徒さんたちが口々に言う『自分の弱さ』という言葉は『メンタルの弱さ』なのですが、運動ができる前段階でもどのように鍛えていけばいいのかがわかればリバウンドしない強さが生まれるはずです。

たとえ、今筋トレに取り組んでいたとしても弱さが出たと認識した時点で今の自分にとっての鍛え方が足りないと判断してもよいでしょう。現状を常に疑うことも必要なのです。

判断基準は【今の自分はどうなのか】

いろいろと運動をやっている・・・と過信することなく、今やっているトレーニングが効果的なのか?をいつも見つめて(評価して)最高の状態を意識して自らを創り上げましょう。

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー