思い

  1. Home
  2. 思い
  3. 自分に集中
2018.02.24

自分に集中

プライベートクラスが2クラス終了しました。

どのクラスも継続の生徒さん達だったので、今期も深い気づきの連続だったようです。
そういった視点でそれぞれのコメントをシェアすると・・・

42歳女性
『今期も心に響く話をたくさん聞けて楽しかったです。ついつい家族を優先して自分を後回しにするクセが強かったところからのスタートでしたが、今はとても気持ちも軽くそのことがとても嬉しく思っています。先生にお会いするのが毎回楽しみでした。』

お子様が小さかったりするとどうしても合わせないといけない場面も確かに多いかもしれません。しかし、そのことでこれまで自分を太らせていた習慣があったことに気づいたらきっと何をやっていけばいいのかがわかるはずですよね。

またクラスに参加してくださるという約束をしてくださったので再会できる日が楽しみです。

34歳女性
『ダイエットは究極に自分と向き合うことで誰に何と言われても”自分で自分を好きになれるか?!”という挑戦なんだということがわかりました。今回できた部分と自分の中で悔しく思う部分(もっとできたはず!)があったのでさらに頑張って早く痩せた自分に会いたいです。』

私がクラスで常に伝えたいメッセージが伝わっているようでうれしかったです。とても頑張り屋さんなので彼女の笑顔がさらに輝くように引き続きサポートしていきたいと思います。

43歳女性
『前半は体調を崩したり家族の問題によって精神的な落ち込みの激しい期間でしたが、ようやく現実にも目を向けてシンプルに痩せたい気持ちと向き合うことができました。
レクチャーは何度聞いた内容でも発見や学びが多く、いかに日々の中で都合よく勝手な解釈にすり替えているかも思い出せました。自分をないがしろにしていることに気づかされたので、自分を整えることを優先できるように日々訓練していきたいです。』

自身のダイエットへの取り組み方を見直し、”絶対に変わる!”と決めたことが伝わってきます。次々と悩みが湧いてくるのは、結果的に脂肪が少しづつ増えたこととイコールだったりします。

身体の疲れは心を疲れさせ、行動を抑制していきます。そのことによって発散されるべきエネルギーがまた内側に滞り、そこからまた蓄積を繰り返すのです。
そのことに気づいていない。(わかっているようでわかっていないと言ってもいいかもしれません)

今回の生徒さん達が共通して言えることは自分以外の”誰か”によって自分を見失っている(影響されている)ところ。
だから余計に自分の体の変化に鈍感になってしまうのかもしれません。

目の前に起こる出来事(人間関係も含めて)まさしくドラマや映画と同じでアクシデントが起こるようにできています。
それは自分自身が”生きている”という感覚を味わいたいのでハラハラさせたり、イライラさせたり・・・つまり自分を感じるために起こる感情。

自分以外の誰かによって影響を受けている人は常にその誰かのせいでストレスをためて食べたくなり太ります。
外側に意識がいってしまうと自身に戻ってこないので戻ってくるためには悩んだ方が考えるでしょ?悩むってことは自分に意識が戻るという方法なのです。

人のことで影響を受けて悩むなんて嫌ですよね。
だったら余計なことを考えず、どんどんステージをアップできるようにそのことだけに集中できたら・・・・・まさしく金メダルですよ☆彡

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード