独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 態度が残念?!
2018.02.26

態度が残念?!

今朝は寒すぎず、ジョギングしやすい温度でしたよ~♪
昨日ainaにご来店された40代女性も趣味でジョギングをされていて、週に何回と決めているわけではないそうですが、走らないと気持ち悪いと感じるらしく走れる時は10キロ以上走るようにしているそうです。

10年以上通ってくださっているお客様ですが、体型は一切変わっていないですね。
お酒もお好きなようですが
「飲むから体を動かすことを積極的にやるようにしている^^」
と、言われていました。

ainaに来店する前もたいてい走ってシャワーを浴びてから来るそうなのですが、
「今日の気温はマラソンするにはちょうどいい状態に感じたから、東京マラソンに出る人もきっと走りやすいはずよ」

普通のランナーだとちょっと肌寒い気温らしいのですが、タイムを出すような選手にとっては風もなく、曇っていて温度も少し低めがちょうどよいそうです。

そしたら設楽悠太選手が日本新記録を出しましたよね。素晴らしい。
大会前のインタビューを聞いてみると『日本新記録を狙っている』ようなことを言っていて
このような言葉が出ること自体がそれだけの準備ができているということなので、自信は常に磨き上げないといけないものなんだと改めて感じました。

たまに『ダイエットの優先順位が下がっている』『集中力が欠けている』といったシェアがでてきたりするのですが、食生活、生活習慣、人間関係、自分に対する存在価値、楽しみを見つける、こういった欲求に対しての取り組みが中途半端では今以上の結果はでてきません。

たとえ数字が変化したとしても太り脳は変わっていないのでそれは幻になる数字。
そういった方が順調に思いどうりに痩せていたらこの世にダイエットで悩む人なんていないはずですよね。

だらしない姿勢・態度はだらしない人生を創っていて美しさとはほど遠い。

『今以上の自分を求めていない』という言葉も『これでいい』と思ってしまったら今後は体も心も退化する(朽ちる)ので、将来的に自己概念が下がるだけではなく自分を磨くことができずに諦めという老化現象にまた悩むことになります。

どんなに痩せても”食べること”に心を奪われている人は、歳を重ねた時の楽しみは”たくさん食べること”以外見つからないでしょう。いいのかしら?そんな人生で・・・・。

考え方によってはダイエットに悩む人がいるおかげで、素直に取り組む人がより輝きを与えられる世界でもあるので、スリムな人がより素敵に見栄えが良くなるのですよね。

心身共に健康的な状態を保つということはこの先歳を重ねた時に究極のアンチエイジングだということが証明されます。私にとっては歳をとった時の楽しみ☆彡
常に進化を求めて行動しているので変化に対してはとても敏感。自己管理という点では究極を目指しています。

さて、あなたはどのレベル?
今の自分よりもっと魅力を磨き上げる人?
とりあえず痩せたから今のままでもいいかな~なんて退化していく姿に満足する人?

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード