学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 受け入れるとは
2017.01.21

受け入れるとは

土曜日のグループクラスが終わると1週間終わったなぁ~とリラックスムード高まります。もちろん、クラス以外でやらないといけない仕事は山積みではありますが、スケジュールを日々組んでやっていても見事に次から次へと仕事が押し寄せてきて笑ってしまいます(笑)

それでも焦ることなく、マイペースで過ごしているのはそうなるように仕向けているんだな~って思います。

3月20日春分からが宇宙の夜明けといわれる人生の流れが始まりますので、今大変な状況だと思っていることがあったとしても、それをうまく乗り越えて得られる世界を想像してみるといいですよ。

だから、思いっきり忙しかったり思ったようにいかなかったりしてもそこにくじけることなく、【今の困難を乗り換えたら未来は明るい】私はいつもそうゆうスタンスでいます。

起こる出来事はその状況を楽しむために起こったりします。そんなとき、悩みすぎるのではなく、『私は今どう思っているのか』にフォーカスして『私はどうしたいのか』ということを分析していると結果的に自分を受け入れるということになります。

『この事実を受け入れよう・・・』そう思っているのが脳だけだと、拒否している自分の気持ちを無理やり閉じ込めてしまうことになるので心の中にカルマが宿ります。

これを解放するには今よりもっと癒しや慰めが必要になるので時間もかかり、解放しきれないことで体調が悪くなることになったりして。

本当に受け入れたのかどうかを知るには『今心地よいと感じているか』『本当にすっきりしたのか』が判断基準。

私の場合、どんなことが起こっても動じないので(アタフタすることはありますが、それも楽しんでいます)嫌なことがあったらその日をできるだけ早く終わらせようと行動します。

ある時は息子の夕食も作らない選択をしてさっさとお風呂でメイクオフ、そのまま就寝・・・といった感じ。時間が経てば心が軽くなるってことがわかっているのでやっているのだと思います。

自分のこと以外をすべて放棄する・・・これが一番の癒しだったりするんですよね。

『落ち込んでいる』『怒っている』『悲しんでる』『ショックすぎる状況』などその感情の自分を客観的に見て感じているとその感情はそのうちなくなるのですが、無くなるのを待っている間がちょっと辛い。ただし、浸っている間はさらに嫌なことは絶対に起こりません。

この浸っている状態がもどかしいので忘れられるような違うことに取り組むこともおススメです。気持ちの切り替えを試みるということですね。お笑い番組を見る、お風呂に入ってリラックス、運動する、衝動買いをするなどストレス解消法は食べる以外に色々とあるはず。

例えばダイエットをしている人であれば、一度ハメを外すとそのままズルズルと悪い習慣に流れていってしまう・・・と思い込んでいる人もいますが、そんなことありません。

もっと自分を信じましょう。

決めたらいいのです。『今の困難な状況から自分を癒すためにいったん(これを止めて)これをやるけれど、落ち着いたらまたここに戻ってくる』と。

それを決めないで衝動的で行動するから自分をよい状態に戻せないだけだったりします。

未来への恐れと不安は未来になってから味わいましょう。その感情を先取りしたって今を変えることにならないばかりか、考えすぎてアクセルとブレーキを同時に踏んでしまい、全然前に進まなくなります。

今味わうのは自分に自信をつける喜びと楽しみのみ。そして、もっと良くなるには何をすればいいのかを自分に問いかけていく。

日常生活が人生の訓練場所。あなたを輝かせるのは輝かせるためにやった行動なのです。

ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

2019/01/21
はたの先生の助言
2019/01/20
素敵な人々
2019/01/19
太るを意識?!
2019/01/18
苦手な関係
2019/01/17
成長を追求