学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 欲求プロフィールを知る
2018.04.04

欲求プロフィールを知る

1ヶ月ぶりに仕事が入っていない休日を満喫しました~♪
休みの日に天気がいいと嬉しいですね☆彡

シェリちゃんを連れてお台場まで行ったのですが、葉桜になっているとはいえ夏日の今日はお花見客も多い印象。平和な雰囲気が心も体もリラックスです。

こういったリラックス状態の時はありのままの自分も受け入れやすいのではないでしょうか^^
楽しそうにはしゃいでいる若い人たちを見ながらその人たちの年代だった自分を思い出し、その頃やれなかったことを今からやるにはどうしたらいいのか など考えてしまいました。

自分という存在は誰もがポジティブな面とネガティブな面が混在していますが、人によって自分が求めていること、やりたいことなど欲求の強弱があります。
その強弱を理解するためには欲求のプロフィール((特徴)を知らなくてはいけません。

身体的な維持や安定を求める生存の欲求、人とのつながりを求める愛・所属の欲求、自己価値を高める力の欲求、知的探求心に関わる楽しみの欲求という5つの欲求があるのですが、

自分がどの欲求が強くてどの欲求が小さいかを分析し、それらをその強度に合わせて満たすように工夫することが大事です。全部の欲求をまんべんなく満たせたら一番いいのですが、その時その時で強弱が変化する事もあるでしょう。

そんな時に自分が求めていることを明らかにしてその欲求を満たすために何を強化するべきなのかの分析にこの欲求プロフィールは大いに役立ちます。

ただその時の欲求を満たせばいい・・・で行動してしまっていると本来自分が求めている生き方(目的)から外れていることにも気づかず、自己否定を促進させてしまうこともあるでしょう。

自分への自信をつけるためにはまず自己受容ともいえる『自分自身の幸せを自分で創り出す』という責任があることを自覚することが必要です。

その責任を果たすためのスタートラインは一番幸せを感じる状況&状態を理解し、そのバランスが崩れた時に何が足りないのかを察知したり、気づいたりできるように丁寧な毎日を意識することが大切です。

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー