ここだけの話

  1. Home
  2. ここだけの話
  3. 自分のステージに気づく
2018.04.07

自分のステージに気づく

今朝の番組の中で女優の壇ふみさんが舞台が始まる時は特に体力、栄養、睡眠、ストレス解消を普段よりも気をつけている話をされていました。

舞台という仕事はやはりハードらしく、途中で自分が体調不良になることで周りの俳優さんだけではなく、関わっているスタッフや事務所など迷惑がかかるということを考えると最低限自分のできることを全力で取り組むようにしているとか。

私もふと思ったのが普段当たり前にやっていることに対して意識してやっているのか?!と考えた時、やり始めた時は価値を感じてやっていることがいつの間にか習慣として当たり前にやっていたりする。

習慣化するまではそれでいいとして、その先に『やっていることへの成果が理想どうりなのか』まで管理することを忘れている人がいるかもしれないということを感じました。

よく自分にとって良い習慣だったのに止めてしまったり面倒になってしまう人がいたとしたらやっていることへの成果の検証が足りないのかもしれません。

いつもベストなケアやメンテナンスを心がけていれば自然と検証するだろうし、もっといい方法を探し求めていたりもします。

良かれと思ってやっていることがその人の輝きを失わせていることだってあるし、ナチュラルだったり自然なモノへの変なこだわりがアピアランスを崩すことにも繋がったりするので”自然のものが一番いい”というのは考えすぎ。

ナチュラルなものの方が人間にとってアレルギーになることもあるだけではなく、それが負担になることもあるのですよね。

髪もそうで、ナチュラルシャンプーだったりカラーリング、ストレートパーマなど毛髪科学を知らない人が『髪に悪い』『地肌によくない』『痛む』『重金属が体内に蓄積する』etc ナチュラル思考の人はちっぽけな知識で批判してきますが、私からするとそういった人こそおブスの極みだと思ったりして。

ainaHAIRではもうすでにカラーリングの痛みの原因を排除したカラーによって白髪染めでさえ艶とハリを取り戻す美髪に変わっているお客様も存在しているし、(昔いろんな美容院で行われていた白髪染めはやればやるほど髪が細くなり、艶もコシも無くなって長さも伸ばせなくなっていた)

ストレートパーマも私が美容師時代(もう14年以上前)から痛みを心配してくせ毛のまま一生懸命トリートメントに通っている人の方がストレートパーマをかけている人より激しい痛みがあったり、トリートメント効果が長続きしないことも営業で証明できています。

『美容院で薬品を使う施術をすると痛む』『薬品が体の中に蓄積する』なんて古い考えの人がいるのも事実で、そういった人はよっぽどひどい技術にしか出会えてないのでしょう。ある意味、可哀想ですね・・・。

栄養学も同じで未だに『水分の取り過ぎはダメ』『同じもの食べていると太りやすくなる』etc 昔のダイエット法が正しいと思ってスリムクラブ生徒さんにいろいろとマイナス?なアドバイスしてくる人も事実。

私なら健康、ヘア、美容など何を聞いても『あ、そうなんだ(そうゆう考えの人もいるのね)』で受け流せることを考えると、

自分にとってベスト基準はその時のステージの高さで証明されているのかもしれませんね。自分に合ってるのか合っていないのか迷ったらその道の専門家に意見を求めてみたらいいと思いますよ。

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー