美意識

  1. Home
  2. 美意識
  3. 美意識を高める
2018.04.13

美意識を高める

朝から仕事の打ち合わせ、息子の中学の保護者会、息子のアレルギー検査結果を聞くための皮膚科など時間のかかる用事を一気に済ませて帰ってきたのが20:00。

シェリちゃんがゲージの中で一日を過ごしたのは久々でかなり可哀想なことをしました・・・。朝はkouseiさんが散歩を1時間程してくれたので夜は私がまた1時間ぐらい散歩をしてご飯のあと今一番はまっているぺ二ソンのボーンで一緒に遊びました。
忙しい時の癒しですね~♡

今回のクラスの生徒さんの中で『自分の顔を鏡で何度も見て、自撮りで客観的にチェックする』という習慣をもっている方がいて、これは本当に大事なことです。

自分で鏡を覗き込んだ時は作り顔かもしれませんが、作っている時に筋肉を刺激しているのでちょっとした顔トレ。

鏡を何度も見るたびにおすまししたり、微笑んだりかわいく見えるように無意識に顔を作るのは結果的にモデルさんたちが仕事で写真を撮られている時と同じことをしているようなもの。キレイにならないはずはない!

それに対して不意にとられた写真の顔っていつもより変な顔に感じたりしますよね。(私もです・・・)それが真実の顔だとしたら?

モデルさんや女優さんが美しく写真におさまっているのはあらゆる角度の自分のいい顔を知っているからで(もちろんカメラマンの腕前も大きい)自身を客観的に見る機会が
あるというのは美しさには大事な要素。

写真に撮られるたびに研究していなければ磨かれることはありません。
いつも見られているという意識は常に他人目線を意識できるようになるのでおのずとどんどん美しくなるのですよね。

たとえば見られる意識は無意識に筋肉を使うことになりキレイに歩こう、姿勢を気にして美しく!太い足を細くしたい、というような意識はそれこそ脚の形まで変えていきますよ。

自分で見る意識&見られているという意識
”この角度がいいかも””自分の顔のここが好き””案外かわいいんじゃない♪” 
な~んて自意識過剰に褒めまくることも大切。

何度も鏡で自分をチェックしていくと、”ここがもっとこうなったらいいのに・・・”という美しくなるためのアイデアまで浮かんできます。
こうやってお気に入りのアピアランスを創り上げて世界を広げていきましょう☆彡

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー