ブログ -健康

  1. Home
  2. ブログ健康
  3. 自律神経を整えるには
2016.12.05

自律神経を整えるには

肌の若さや老化速度、免疫機能、代謝を左右するのは自律神経が作用しているのですが、現代人の生活環境はリズムが乱れやすい。
ましてや、この年末の忙しさだけではなく飲み会など普段と違うモノを口にする機会も増えて胃腸もお疲れのはず。
自律神経のバランスが崩れると内臓の状態や筋肉、肌などにも影響してきます。
ここ最近の忙しさで私も久々のあごニキビが1つ出現!ニキビが出る前にそういえば寝汗をかいていたな~って思い出しました。まさしく自律神経の乱れ・・・・。
忙しさと休息のバランスを取っているつもりでしたが、どこかで無理をしてしまいがち。
このあたりは永遠の課題になりそうです。
感情が身体の状態を左右するというのはダイエットクラスをやっていて感じるところなのですが、そもそも女性は特に感情の生き物ですから感情の爆発が食への執着を生んだりします。だったらまずは身体の状態を整えることに集中したら心も自然に変化するということも言えますね。そのためにも腸のケアはとても大事です。
腸は成長ホルモンの1つ幸せホルモンでもあるセロトニンを95%分泌しているので心の安定に重要なホルモンなのですが、不足すると落ち込みやすくなったりストレスに弱くなったりと大量の活性酸素まで発生させてしまうので老化速度まで加速します。
腸を意識した生活は穏やかな心やたるみ防止になるということですね。
思ったとおりにいかない、ついつい衝動的な行動をとってしまう、といったことが起こった時は自律神経のバランスを疑ってみて。
興奮することはみなさん得意だと思うのでリラックスするところを意識することです。
リラックスに一番いいのは深呼吸。
普通に呼吸していると古い酸素が肺に1割残っていると言われています。
つまり、一日のうちで吐き切ることが意外と大事。
何気なくやっている呼吸ですが、深く呼吸することは自律神経を整えるだけではなく免疫力をアップさせたり、安眠効果、生活習慣病予防、脂肪燃焼、冷え性改善などメリット満載です。悩んだ時、上手くいかない時はまず深呼吸を習慣にしてみてはいかがでしょうか。そういえば、ビューティクラブであや子先生も深呼吸の重要性を伝えてくれていたな。

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー