思い

  1. Home
  2. 思い
  3. 仕事の本質
2018.08.29

仕事の本質

私たちの人生は大海原のようなもので、穏やかで順風なときもあれば、台風にあおられて激しいうねりを伴う逆境の時もあります。

順風なときなら『今上手くいっているからこのまま続けたら悪くならない』そう思いこんで余裕があるのでついつい怠惰に時間を過ごしてしまいがち。

本来であれば順風なときこそ学びを深め、新しい武器を備える必要があったりします。
しかし、人は逆境にならないとその必要性を認識することができなかったりするのですよね。

スタッフの中でフリーで仕事をしている人がいるのですが、出勤は顧客が入った時のみという体制になっているのでそれ以外は基本休みになっています。

友人の美容院でも妊活を期に自分の顧客が入った時のみ仕事する体制を許可しているオーナーがいるのですが、つまり今流行りのUBER EATS美容師版と言った感じ。どこにも所属がないフリーターですね。

最初の半年ぐらいはそれでも普通のOLさんより出勤が少ないのに収入も保たれていましたが、約1年程経ってみると、彼女の顧客はこれまでの約半分に減っていてもちろん収入も普通の仕事の初任給以下?かもしれません。

東京で生活するのは美容技術というものは強みになる分、生活はその辺のアルバイトをするよりいいと思いますが、自分の時間をとるか仕事にまい進するかの選択の結果です。

今となっては彼女が一体何をしたかったのか??(当初は独立して自分で事業を起こす)と言っていたのですが、結果的にそちらが上手くいかず今の顧客に頼っている生活になっているのは

元々の想いが明確な事業計画に反映されず、『ゆっくり働きたい』と言った楽をしたいという思いだけが先走った感じですね。

サロンにくる顧客は元々美容院がそこにある前提で来ているので美容院が無くなっても彼女のところについて行く顧客がどれほどいるかは疑問。

事業を起こすならマンション一室でも借りて、家賃を払いながらでも赤字の危機感をもちながらやってみることで真剣度が高まるのではないでしょうか。

すると、事業を展開することの意味だったり思いだったりが明確化するだけではなくこれまでどれだけの人に助けられていたかも認識するはずです。

先日妹の紹介でハーブを研究している会社の方とお会いしたのですが、その会社は1代で築いた会社で社長は50代に見えない美魔女。

アーユルヴェーダに精通していて私もハーブティのことなど相談する経緯でお会いしたのですが、クラスで販売するハーブティをオリジナルにするのに今協力してもらっています。

彼女の話を聞いていていいな~って思うのが、どこでも売っているという商品を作りたいのではなく、『ここに行けば買える』という貴重なものを作りたいとのこと。

つまり、世間で認知されてバカ売れを期待しているのではなく本当に必要な人に届くような商品をコツコツつくっていきたいという会社を運営しているのです。

ちょうど私がHPを作ろうとしたときに営業で電話をしてきたTさんのことを思い出しました。まだ新しくHPを作ろうと本格的に思っていない時に何度も電話をしてきて

「菅野さんのブログをいつも読んでいます!」
どんなに断ってもまた電話やメールをしてくるので何でかな~・・・って思っていたら
その会社は1業種1つのHPしか作らないというこだわりの会社だったのです。

その中でダイエットに関するページはスリムクラブだけでいきたいということで、HPをぜひ作らせてほしいということでした。

彼の熱意が伝わってお願いした経緯があったのですが、私もどちらかと言うと誰もが知っているものよりもちょっと変わったものに興味がある人なのでそういったご縁がこうやって繋がるのかもしれませんね。

ダイエット&美肌によいハーブが入ったハーブティを販売しているのですが、生徒さんからは
「先生のところで購入したハーブティを飲むとすぐに500g必ず体重が落ちているんです♪」
そんな感想を聞かせてくれました☆彡

こうやって事業一つとってもその人の想いが形になっていくのでこれまで人として仕事として学んだことを還元できる人であることを目指したいですね。

ユーティリティ

2022年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード