SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. 生き方を変えるダイエット
2018.11.03

生き方を変えるダイエット

昨日シェリちゃんの散歩を2時間してからドッグランへ行き、遊ばせてから帰ってきたのですがさすがにヘトヘトでした(笑)

ちょっと時間があると出来るだけ散歩に行けるように準備しているのですが、動きすぎてくたびれることがたまにあります。

だからと言って守りに入ることはありません。なぜなら、そういった状況はたまたまであってまた同じことをやったとしても疲れることは少なくなると思っているから。

onoトレーナーとのパーソナルトレーニングも以前よりも格段に負荷が強くなっていて、
『今日もかなりキツイですよ』
という言葉でトレーニングスタートなのですが、本当にキツイ・・・(泣)

だけど、やりたいんですよね。辛くても筋肉が変化しているのを感じるし、やることによるデメリットが思い浮かばないので『なにくそ!』ぐらいの気持ちで筋トレに耐えている状態です。

ダイエットでも変化しているのを感じるとモチベーションって上がりますよね。しかし、思ったような結果が出ない時に”もうやりたくない・・・”という気持ちが出てきたりします。

そんな時に『じゃ、ダイエットはここで終わりにしたとしよう。その後どうなると思う?』このように考えることができたら、きっとダイエットをしているようでしていない生活が見えてくるはずです。

『だったら今どうしたい?』←ここです!つまり、自分の中で女性性(やりたいくない・・・・という感情)と男性性(行動して実現する思考)との会議をしっかりやって
それぞれの性が納得するポイントを探すことが必要です。

湧いてくる感情のまま行動できるのはダイエットの悩みが無くなってから。湧いてくるものより、今最も重要視していいのは行動のみです。

今日のクラスでも
「先生に指摘されると”確かに・・・”って思うけれど、そうでない時はすぐに対処できなくて”相手が傷つかないように”って思って受け入れてしまっています(悲)」

という話を涙ぐみながらシェアしてくれる生徒さんがいました。
”わかっていても状況に流されてしまう” よくあることなのですが、だからなのです。

今その対処を学び、実践してはじめてそれをやる意味を理解し、さらにはそこから見えてくるこれまでの間違った思考の根源になっているところに注目できるのですから。

今回対処法の一つを知ったとしても、
「頭ではわかっていてもその状況の中ではすぐに正しい選択ができない・・・」

過去にできなかった経験を言っていましたが、それは終わった過去の話。今回伝えたことは”今”からやる方法。 ”次こそそうする!!” と決めたらOK!
とにかく一つづつ問題が発生した時に修正していくことを考えましょう。

帰り際には
「20代の時はとにかく痩せたい、って気持ちだけでクラスに通っていたけれど今30代になって”ダイエット成功によって生き方を変えたい” という気持ちが強くなってきました!!」

そう言って笑顔で帰っていきました。生き方を変えるダイエット・・・さらに自分の根っこに潜んでいる思考のクセが剥がれるところまできています。もうあと一息☆彡


ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー