今日の出来事

  1. Home
  2. 今日の出来事
  3. ドッグトレーニング
2018.12.12

ドッグトレーニング

朝からドッグトレーニングをお願いしました。
6年前に天国へ旅立ったラブラドールのブラッド♂は今回のトレーナーである池田先生に調教してもらって本当にお利口な犬でした。利口過ぎて私の言葉も聞こえないフリなどされることもしばしば(笑)

ainaご来店の仲良しのお客様がワンちゃんを飼われることになった時もkouseiさんが池田先生を紹介してから調教だけではなく、お預かりもやっているので利用頻度が多いらしく、

我が家でシェリちゃんを迎えてからはお客様から
「『シェリちゃんに早く会いたいです』って池田先生が言ってましたよ~」
と伝言を聞いていてタイミングを待っていたのですが、ようやく今回トレーニングが実現しました。

保育園で体のケアの仕方についてはやってもらっていたので問題なくクリアできたのですが、いつもおやつを使って呼び戻しやできた事があったらご褒美など与えていたのでそれについて池田先生からは

「おやつでしつけるのではなく、褒め言葉とボディタッチ&表情でしつけましょう」
とのこと。つまりドッグトレーニングという名の飼い主のトレーニングでもあるのです。

保育園でもおやつでしつけるというより、普段あげているフードでしつけることが基本だったことを思い出しました。

ついつい欲しがるからあげたくなってしまっていて体重管理はしっかりやっているので太りはしませんが、歯の歯石に関しては池田先生からも指摘されました。

喜ぶ姿がかわいくてついついおやつをあげている私でした・・・反省。

「ご飯をしっかり食べさせていたらおやつなんて全く必要ありませんよ!もしどうしてもあげたいなら自分で作りましょう。」

”平成のムツゴロウ” と渋谷区あたり(代々木公園など)では言われるような先生なので
犬=人間と同じ扱い。添加物や何が入っているのかわからないような市販品をあんな小さな体に食べさせることが先生からしても許せない行動らしい。

「動物を飼うというのは命を育てること。つまり人間の赤ちゃん育てるのと同じような環境を人間が作るべきです」

人間が食するものを動物用に作って与える・・・という考え方なのでこれが絶対に正しいということではなく、それぞれの家庭の育て方があるのでそこは尊重した上で改めて犬の幸せというものを考えた日となりました。

ドッグトレーニングのあとはシェリちゃんがぬいぐるみをくわえたまま、寝てしまっていて本当に疲れたんだとわかりました。とてもいいトレーニングだったので来月もお願いしてシェリちゃんに必要なスキルを伸ばしていこう思います。

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー