今日の出来事

  1. Home
  2. 今日の出来事
  3. 落とし物
2019.02.14

落とし物

近所のネイルに自転車で行った時に、うっかり電子書籍の本体をかごに乗せたカバンから落としてしまってので急いで拾ってまた自転車を走らせました。

ネイル中はビデオが流れているのですが、ちょうど2時間程は本を読むにはいい時間。視力調整用の眼鏡は本を読むとき必須なのでカバンから出そうとしたら・・・ない!

本を落とした時に一緒に落としてしまったようです・・・ショック(泣)ネイル後に急いで通った道を何度も往復して探しましたが見当たりません。

探してないなら眼鏡は諦めてまた新しく作ればいいかって帰路では自分を納得させていたのですが、モヤモヤがどうしても抜けません。

また新しく眼鏡を作るとなると眼鏡店で検診から始まりレンズを選ぶなど1時間半ほどかかり、さらには眼鏡が手元に届くまでに約2週間ほどかかる。

いつも使っているわけではないけれど使いたい時に眼鏡がないのは不便なのでどうしても諦めきれない。眼鏡ケースも実は以前購入したマスカラが入っていたもので、頑丈なケースになっていて結構お気に入りのもの。

新しいものに出会える方が普通ならワクワクなはずが、どうしてもあの眼鏡が恋しい(笑)
『新しく作るよりやっぱり探そう!』この後の予定をずらしてまずは探しに行くことに。

とりあえず代々木駅前の交番に行っておまわりさんに落し物が届いていないかを聞いてみましたが、
『・・・ありませんね。』
・・・だよね。

ないとは思っていたけれど諦めきれない。
落とした道をもう一度探しながら歩くと大江戸線とJRの駅の入り口があって、ダメ元で窓口の駅員さんにも聞いてみました。

すると、年配の駅員さんが
『落とし物が届いていないか電話で聞いてあげるからちょっと待っててくださいね。』
そういってどこかに電話してくれました。しばらくすると、駅員さんに問い合わせる外人や券売機の使い方がわからず聞きに来る人、道を尋ねに来た年配の方などの対応しながら私の眼鏡を探してくれました。

なんて優しい方なのでしょう。

『それらしいものが西口の方に届いているみたいなので確認してみてください。』
なんと!見つかったかもしれない。急いで西口の窓口に行くと、ありました!誰かが拾って駅に届けてくれたみたいです。

やはり日本はいい国ですね。
財布を落としたとしても中身そのままで忘れ物として届けてくれるみたいですから。
同じことが二度と起こらないように注意してせっかく出会った私の大切なアイテムたちへの愛情を再確認できた出来事でした。

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー