思い

  1. Home
  2. 思い
  3. 今見える世界
2017.03.09

今見える世界

今日のクラスでも話が出たのですが『いかに自分のことを見ているか』本当にここにつきます。

自分でコントロールできなくなったことも、鏡を見たくない姿になってしまったのも、写真を撮られたくない自分であることも、自分に自信が無くなったという過去はすべては『今ある姿を見て見ぬふりをしてしまった』ところから生まれたはず。

仕事が忙しかったりするとついつい自分のことを後回し。もちろん忙しい日常が毎日あるわけではなく、たまたまだったのかもしれませんがそれでも『いつも自分のことを見ている』ことを怠るということは『自らを無視している』ということ

それはやがて”無視するクセ”をつけてしまったりします。

自己犠牲の元に得られた報酬は、そののち『自分を犠牲にしないと報酬は得られない』という勘違いが生まれたりして。

ムリをしてとってきた仕事があったとしたら、それは自分にとって本当にやりたいことなのでしょうか?

そういった方向性は結果的に『無理をしてでも仕事はするもの』という歪んだ感情に支配されるかもしれません。

自分を幸せにできるのは自分だけ

誰かが幸せにしてくれるわけでもなく、いかに気分のよい状態を常に保つかということが一番大切。

『気持ちいいな~』『気分がいいな~』『幸せだな~』

誰かが状況を作っているのではなく、自分の世界は自分が創っているのです。

気分をよくする以上に大事なことはこの世に何もないのだから。

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー