学び

  1. Home
  2. 学び
  3. イメージ力を高める
2019.03.21

イメージ力を高める

プライベートクラスが1クラス終了しました~♪
30歳女性
『観愛先生
今クールもありがとうございました。毎回親身になって話を聞いてくださり、私にとってベストな方法を一緒に考えてくださり、心に支える言葉をたくさんいただくことができました。そのおかげで今回も結果を出すことができて嬉しいです!』

1ヶ月で-4.2㎏、トータル⁻24.6㎏という結果が出ています☆彡
スリムになって顔つきが変わり、体型も変化しているのでそれはもう別人。しっかりと自分に向き合い、対話しながらベストな道を常に選択しようとしています。

どんなに迷子になりそうになってもまた正しい道に戻り、前にすすむので数字となって結果が出てきました。彼女の頑張る姿はワクワクさせてくれます。

継続なので次回のクールもさらに上を目指すワクワクを期待してます。

さて、今世界フィギアが開幕しているのですが昨日のザギトワ選手のショートプログラムの演技は圧巻でした。本当に美しい。

16歳ながら大人の女をにおわせるような演技だけではなく、演技後のコメントも大人っぽい。『日本の応援が演技を後押ししてくれました。フィギアへの愛を感じる』・・・10代でこのように言えるのも彼女のフィギア愛の強さからですよね。

今日の男子のショートプログラムもainaHAIRから帰宅後にチラッと見たのですが、羽生選手の試合前の様子などゾーンに入る時の顔つきなどやはりクレイジー(いい意味で)。

王者と言われる人たちは普通の人でないわけで ”イメージ” という言葉をよく口にしていて『自分がどうなりたいのか?!』というイメージを作った結果がメダルの色とも言えます。

『ミスしないように』や『○○より勝ちたい』といった次元の低い姿勢では絶対に勝てない。自分がどうなりたいのか、ということを突き詰めていくことに集中することが結果を引き寄せます。

羽生選手の演技後のコメントを聞いていても
『自分では集中しているつもりでしたが、ショートの結果をみると集中しきれていなかったということです。』

さすがですよね。こうやって自己分析しながら次のフリーで調整し、イメージをどう作ってリアルに再現していくのか・・・。

完璧な演技をして感じたい思いを明確にすることが羽生選手の優勝を引き寄せることになりそうなので『勝ちたい』という気持ちも大事なのですが、それよりももっと『こんな自分を見たい』という思いが演技を最高のものにしてくれると思います。

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード