健康

  1. Home
  2. 健康
  3. 口腔ケアは健康への近道
2019.10.03

口腔ケアは健康への近道

波多野先生から口腔ケアについて教えてもらったので東急ハンズにフッ素ジェルを買いに行ってみるとたくさん並んでいてどれを選べばいいのかわからず、近くで作業をしていた
店員さんにフッ素ジェルについて質問してみました。するとあまりわかっていなくて

「よくわかっている人をお呼びします。」
と言って連れて来たのが歯ブラシの特設コーナーに立っていた白衣の男性でした。銀座デンタルクリニックのドクターだったようで色々と教えてくれました。

フッ素に関してはフッ素ジェルや歯磨き粉に入っているレベルのフッ素は院内の20分の一程度なので高配合フッ素にこだわらなくていいとのこと。

つまり配合されていても再石灰化するほどのレベルではないのでそれよりも口の中の清涼感や磨き心地で選んだ方がいいということでした。

そしてホワイトニング歯磨き粉も歯の着色をとるぐらいのレベルなのでどんなに評判のいいものも高いものでもどれを使っても効果は同じだそうです。

「このコーナーに置いてある歯磨き粉は全部使ったことがあるのですが、僕のおススメで院内患者にも好評なのは・・・」
と、いくつかセレクトしてくれました。

独自で歯ブラシを開発しているらしく、2018年のハンズの中でも歯ブラシ部門では売り上げ3位に輝いているようです。

1ヶ月に何回か磨き方の指導をするのに店頭に立っている時もあるようなのでオーラルケアコーナーで白衣の男性に遭遇したら相談してみてもいいかもわかりませんね。

デンタルクリニック開発の歯ブラシですが、一気に歯と歯の隙間までキレイにできる独特な形。試しに購入してみたら磨き心地がよく、いつも行っている波多野先生の歯磨き理論と組み合わせて歯磨きしてみるととてもスッキリ気持ちが良いです。

歯の汚れは主に油汚れ。歯と歯の間に溜まった汚れをキレイに取り、油汚れを吐き出すことが大事。

今までは歯ブラシに歯磨きペーストをつけて全体を一気に磨く・・・普通はこうやって磨いているはず。しかしこれではせっかくとった汚れも歯磨きの間に再付着する、というのは波多野先生論。

汚れをとったら一度吐き出し、歯ブラシも洗ったほうがいいみたいですよ。家の掃除も確かに床を拭いた時に汚れた面で違う床を拭いたら汚れが取れないどころか拭いたはずの床がキレイにならないですものね。口の中のケアも家の掃除と同じだと教えてもらいました。

言われたとおりに歯磨きをやってみると確かにいつもと同じ歯磨きペーストを使っているのに清涼感が増して確かにスッキリ!これはいいかも♪♪

最近の私の歯磨きは上の歯と下の歯、舌と3回に分けて磨くたびに水でゆすいで歯ブラシするようになりました。あと使った歯ブラシを2日に1回は台所漂白剤で付け置き殺菌。

あのスッキリ感を味わうと多少の手間は何とも思わなくなります。口腔ケアをしていることがお肌の手入れと同じように心地良さを与えてくれますよ。

実は波多野先生おススメの1000円歯ブラシがあって、これは先生が尊敬する歯科医が開発した歯茎を傷めずにブラッシングできる優れもの。

市販の歯ブラシで歯茎を傷め、歯肉炎になっている人に向けて長い年月をかけて開発した商品だそうです。市販されていないので歯科医院でしか買えないのですが、こちらもとても磨き心地がいいので愛用品となりました。

ということで今回2本の歯ブラシを試していることもあって27000円で最近購入した電動歯ブラシの出番がないのが残念・・・・^^;

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード