SlimClub

  1. Home
  2. SlimClub
  3. 教育するという自覚
2022.07.15

教育するという自覚

昨日のブログでも書きましたが、【笑顔】を意識してみると普段いかに無表情で過ごせるのかを認識できますね。

今日も東急ハンズで買い物をしたときに、つい真顔でレジの女性を見ていることに気づき、おつりをもらった時に
『ありがとうございます^^』
と笑うと、接客してくれた女性の目が笑っていることで気分がいいな~と思いました。

さて昨日のグループクラスや今日のプライベートクラスでも出てきた話なのですが、順調に体重体脂肪が減ってくると食生活を少し緩和したくなる人がでてきます。

と、言うのも前週より数値が減少したことで自分の好きなものを食べながら数値が減っているという状況に『このままいける!』と思ってしまうのです。

自分を厳しくコントロールしたとしても、『好きなものは好きだから継続は無理!』と思ったり、自分を縛ることはストレスによってもっと食べたくなるかもしれないから良くないことだと思い込んでいるのかもしれません。

私からすると、それも思考のクセ。”自分に甘くなる”と自覚しているなら、なおさらマイルールを緩めてはいけないのです。自分を教育できるのは自分ですからね。

その教育は日常生活でしか身につくことができないのです。どんなに頭でわかっていても行動で表現できなければ身についていないということの証明ですから。

自分に厳しくしなければいけない現状になってしまったからこそ、今ダイエットという課題に向き合う機会に直面しているのです。自分教育の絶好の機会を上手く使って、理想像を実現できる存在に成長していきましょう。

やればできる!!!

ユーティリティ

2023年02月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー