独り言

  1. Home
  2. 独り言
  3. 戻ってきたコロナ前の日常
2022.09.19

戻ってきたコロナ前の日常

三連休はどうお過ごしですか。
湿気も多く、せっかくの連休も雨と不快な気温で家でゆっくりしている人も多いかもしれませんね。

昨日のainaHAIRのお客様でJALキャビンアテンダントのF様が来店されたのですが、気温が高くなった夏の間は基本的に家から出ない生活をしていたのだとか。

『飛行機は常に満席で、業務も信じられないほど忙しくなっているので、仕事がない日は外にも出たくなくなる・・・』
と言っていました。そのせいでコロナ前と比べるとすでにプラス10キロ増量してしまっているとか。

国際線に搭乗する時は、仕事が終わるとホテルから外に出ないようにしていて、これはコロナ対策だそうです。

海外ではマスク着用義務が無くなっているので、現地で外に出かけるといろんな人との接触が怖く、もし熱でも出たら業務に穴をあけることになりその責任の重さを考えると外に出れないと言っていました。

『コロナの間は楽な生活続けていたから、いざコロナ前の忙しさに戻ると ”こんなに忙しい仕事をこなしていたんだ”って自分でびっくりしてしまう。身体がついていけないから苦労しています。』

確かに一度楽な状態を続けてしまうと、元の生活に戻すのは大変かもしれません。そんな時は、何かをする時には目的をもつようにすることです。

楽なところから急に忙しくなると気持ちがより疲れてしまうので、何か物事に取り掛かる時はあらかじめゴールを決めるということが重要です。

もし休みたいと思ったなら、『今から1時間で仕事を片付けて、それから休もう』と決めてやると、スムーズに進みます。これこそが計画性。

テレビも目的なくつけていると、ダラダラと続けて見てしまう。もし見ると決めるなら、
『そこにワクワクがあるか』『学びがあるのか』『何か仕事の参考になるのか』

このように自分がやることに対して意図、目的、目標、ゴールを決めて取り組んでみると
自分の生き方の舵取りが楽になります。

ただ何も考えずにボーっと生きるのと、目的や目標をもって生きるのとでは天と地ほどの差ができるので、今という時間の使い方を意識しましょう。

ユーティリティ

2024年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ