学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 気づきのポイント
2017.12.07

気づきのポイント

クラスの生徒さんたちの成長を見ていると、真の意味で自らを育てることができるのは他でもない自分自身だと感じます。

ポイントは【自分に優しくもあり、自分に厳しく】ということです。

何か失敗したことがあったとしたらついつい自分を責めて落ち込んでしまうことがあるかもわかりません。しかし、そんな自分に優しくできるのは他でもない自分だったりします。

大事なのは、たとえ失敗したことがあったとしてもチャンレジしたことに価値があるのでその勇気を認めることや

過ちを犯してしまったとしたらその時点ではその行動しかとれなかったのだ、と受けることも必要です。

そして、何か失敗したり落ち込むことがあったとしたらどこが間違っていたのかということをしっかり振り返るということが自分に厳しくあるということです。

間違いを改善すれば、もし人に迷惑をかけてしまった時にその人に対して誠意をもって償うことになります。

自分に厳しくすることは心を整えることであり、力を蓄えることにつながるので調和のとれた人格が養われます。

つまり、自分への優しさと厳しさをいつも同時にバランスを取ることが結果的に健やかに自らを育てる秘訣となるでしょう。

ミア式ダイエットをやってみると自分の周りの人の行動にも目がいって
「あんなに食べてたらそりゃ太るよね」(あ!私もやっていた・・・・)
「細い人は出されたものを全部食べないで残している」(だからいつまでも細いんだ・・・)など

今まで気が付かなかった自分の行動を客観的に見ることができたりします。しかし、まだまだ盲点は出てくるものですよ。気づきが大事。

優しさと厳しさをもって日常の訓練で自らを鍛えていきたいものですね。


ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー