1. Home
  2. 強さの秘密
2018.11.16

強さの秘密

昨日生徒さんの一人から
「先生はいつからそんなに強くなったのですか?」
と聞かれたのですが、強さは信念の現れではないでしょうか。

心がぶれると人の意見に左右されて気持ちも乱れるのがわかっているのですぐに軌道修正できるよう切り替えて原点に戻るように心がけています。

苦労はかなりしてきていますよ~(笑)苦労していない人はいない。つまり、みんな同じ数の苦労と幸せを経験して人生が成り立っています。

今大成功している会社経営者だって順風満帆な人なんていないと思います。死を覚悟したところから苦労を乗り越えて結果今大きなチャンスをつかんでいる人もいますから。

苦労を感じさせないような人はきちんと壁を乗り越えて自分の糧にしていて、たとえ解決できていない問題があったとしても捉え方を変えて自分の中で上手く消化していると思います。

未来は自分の想いから生まれ、すべては意思によって決まります。引き寄せの法則には時差があるのですぐに思ったようにならないかもしれませんが、どこに意識を向けているかによって見える世界が変わるのですよね。

よく生徒さんが『今週頑張ったのに減ってない・・・』と残念がることがありますが、いい感じの日の結果がすぐに出ないのに対して、

食べ過ぎたと思った日があったとしたらそこには自分の負の感情がプラスされているので早めに結果が出てしまうことが翌日の計測結果だったりします。

だからこそ、一つのことばかりに捉われるのではなく物事を多角的にさらには違う視点で見て判断していくことも大事。

目の前の数字は計測する直前までの過去の結果なのでそこに囚われていることで未来へ希望を抱くことを忘れいています。

自分のなりたい姿や理想を抱いてニヤニヤしていた方が絶対に痩せますよ!

さて、今日からプライベートクラスがスタートしました♪
なんとサッカーJリーグチームの監督をされている方の奥様。とても明るく美しい方です☆彡

息子のジュニアユースの試合でさえも仕事が手につかないぐらい試合結果はハラハラドキドキでしたが、プロサッカーの世界だとどれほどのプレッシャーなのかしら・・・と思いますが、

『負けても勝っても主人は ”はい(終わり)、次(の試合)” という感じでいつもフラットを保っています』とのこと。

ここにも結果に囚われずに常に前を向くというお手本がいました♪
メンタルの強さは感情のコントロール。決して無感情を推奨しているわけではありませんよ。辛い時は泣いてもいいし、嬉しい時は大げさに笑ったらいい。

人間はいくらでも起伏の方向に左右されるので、あえてフラットな状態を保つことも激動の人生の流れの中では必要なのかもしれません。

ある女優さんがテレビで言っていたのは
『プライベートで悲しいことがあって嗚咽しながら大泣きしているのに、フと鏡を見て泣いている自分の顔をチェックしているんですよね。”どんな顔をして泣いているのか”と泣き顔を研究してしまう自分がいます』

女優魂ですね。一瞬は感情の向く方向に放置するけど、ちょっとでも抜けると自分の職業に戻ってこれる。これが大女優の証。
感情に浸り過ぎないで、戻ってこれるように訓練しましょう。

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー