学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 心の自然治癒力
2020.10.03

心の自然治癒力

昨日のプライベートクラスの生徒さんの話の中で
『ストレスによって過食してしまったところから、負のスパイラルから抜け出せなくなった』
という話があったのですが、ストレスは現実の要求とのギャップによって生じる心身の反応とも言えます。

日常には様々なストレスがあり、たとえば日々の生活でイラっとすることがあったり人生の様々な場面の変化に伴うストレス、自然災害や感染症の蔓延など生命が脅かされるストレスなどです。

ストレスが社会から消えることはないので、ストレスのない状態を追い求めて努力することは賢明ではなく、それよりも上手につき合うスキルを身につける取り組みを見つけたほうがいいです。

自分で直接コントロールできるものと直接コントロールできないものがあるので、そこを見分けることが重要かもしれません。直接コントロールできるなら具体的な対処行動を試み、直接コントロールできないものは可能な限り回避できるような方法を探すといいでしょう。

最近の研究ではストレスは害をもたらすだけではなく、益ももたらすことがわかってきていて、実はその人にとって最適負荷の範囲内であれば最もパフォーマンスが発揮できることもわかっているそうです。つまり効果的にマネージメントできれば強みにも変わるということですね。

体に自然治癒力が備わっているように心も自然治癒力があり、心理学では『レジリエンス』という言葉が用いられています。

外的圧力を跳ね返す『復活力』、困難に押しつぶされることなく外的環境に順応していく『適応力』、これがレジリエンスの本質でレジリエンスの高い人の特徴があります。

➀思考に柔軟性がある
➁感情のコントロールができる
➂自尊感情が養われている
➃挑戦を諦めない
➄楽観的である

ダイエットでも結果が早く出る人の特徴と同じだということがわかります。どんな状況下においても自分軸がぶれにくいのは心の回復力つまりレジリエンスが高いということです。

ユーティリティ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー