学び

  1. Home
  2. 学び
  3. 意識を向けるところ
2020.10.10

意識を向けるところ

プライベートクラスが1クラス終了しました。
『やればできる!』という確信が生まれていて、本人もびっくりされています。数字の変化よりも
『今までやめられなかったことがすっぱりやめることができていることで自信がもてました。』
こうやって自己承認できるようになってくると理想の姿への道が開けてきます。

この自己承認という感覚はとても大事なのですが、人はつい『ない』『持っていない』と自分の欠点に目を向けがち。【これまでの人生であなたにとって大切なものは何か?】って質問された時に皆さまは何て答えますか?

たとえば今希望している状況でなかったとしても”ある”という感覚がとても重要でそこに意識が向いていることが心の豊かさに通じる最大の秘訣なのです。

”自分にはある””満たされている”という意識が満たされる現象を招き、”自分にはない”という欠乏感ばかりに目をむけると意識が向いている何らかの欠乏を手にする結果となったりして。

何も持っていない人はこの世にいないので、すべての人が望むだけ豊かになれる可能性を秘めているとすればとても幸せなことですよね。

ちょっとした意識の変換で当たり前のように感じる日々の暮らしに感謝の気持ちをのせていくと自分は豊かな存在であることに気づき、そこに意識が向くのでその意識が向かったところが現実化していきます。

”ない”に意識を向けるのではなく”ある”に意識を向けて、”ない”と思っていることがあるなら”あったら嬉しい”に意識を向けてみるといいですよ。

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー